2017年04月26日

キッチンタイマーでお勉強

仕事の合間に勉強をするのはとてもいいことであるのだが、ついつい、長時間勉強をしてしまったり、途中で飽きてしまったりとなかなか時間の管理は難しいもの。

というわけで、家で、パンを焼くときに利用しているDRETECのキッチンタイマーを職場の机のスチール棚に裏面にあるマグネットで貼り付けてこれで勉強時間を管理することにした。

https://www.amazon.co.jp/DRETEC-%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF-T-140OR-dretec-%E6%99%82%E8%A8%88%E4%BB%98%E5%A4%A7%E7%94%BB%E9%9D%A2%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BCT-140OR/dp/B0001ZN3NA/ref=pd_sim_201_3?https://www.amazon.co.jp/DRETEC-%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF-T-140OR-dretec-%E6%99%82%E8%A8%88%E4%BB%98%E5%A4%A7%E7%94%BB%E9%9D%A2%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BCT-140OR/dp/B0001ZN3NA/ref=pd_sim_201_3?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=N3W5VAZRM07E6VZ4N7X9

だいたい、30分か45分。このくらいの時間でサクサクと写ギーターしたり、サンスクリット語勉強したり。

時間を区切れば、集中力も増すし、仕事に戻る気分転換にもなる。

というわけで、このキッチンタイマーは、時間も表示できて、この値段は、かなりお買い得。

posted by ロビオ at 16:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

写ギーター

『バガヴァット・ギーター』というヒンドゥーの聖典にとても感銘を受けてしまって関連した本を幾つか読んでいる。

けれども、いくら解説を読んだとしても、ココロに届かない何かがある。

じつは、解説よりも大切なのは、ココロがなにかしらの真実に触れてふるえることだ。博物館のように整理陳列されてそれで良しされるものではない。

解説を読んでわかった気になっても、原本から照射される力はわかったような気がするたびに弱まり、その本が持つエネルギーが削がれてしまう。

言葉を超えた何かが言葉を支えているのだ。

そうであるから、ありのままを抱きしめなくてはいけないのだ。

それならばというわけで、写経ならぬ写ギータを開始ス。

ただひたすらノートにギーターを書き写す。

「常住にして不滅、無量無辺なる霊魂の之なる肉体は限りありと言われる。さらば、戦うがよしーバラアダの御子よー。」なんていう調子でずんずん書き写しながら進む(鎧淳先生の訳のやつ、講談社学術文庫、但し絶版なので図書館で借りてきた。)

難しい単語もなくはないけれど、最初に感激した岩波文庫の上村訳と洋書の解説書を比べながら理解し、1ミリの太めの水性ボールペンでスラスラと書き写す。

目でさらっと文章をスペって読み進めるのと違い、一字一字中止して声に出して読み進めると、本の中で繰り返し書かれていることとか気になったところがクロスリファレンスされて噛めば噛むほど味の出るスルメ型の読書を満喫できる。

わからなかったことがわかるようになる。このわけのわからん細い道が実に太い道に繋がっていたんだと膝を打つのを体感できるようになるのは、人生におけるツウカイ事ではなかろうか。

また、こうした楽しみの他に、パソコンばかりを使って生活で、ペンで書くことを忘れておったが、ペンで書くことも実は快感であったということを再認識した次第。

絶版の本も書き写せば、手元にコピーが残る。

一挙両得。

もう一冊気になるのは、『歎異抄』だ。これも、写そうと思っている。

posted by ロビオ at 12:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

名画座巡り

昨年末から、土曜日と日曜日は自宅を飛び出して、インド哲学の勉強会に行くか、名画座で映画を見るか、という生活が続いておるわけであります。

映画は、高校生の頃一番良く見たような記憶があるけれども、それを凌駕するような映画の数を見ております。

秘密は、二本立ての名画座に行くからであります。

僕の行く名画座は、池袋の文芸座、高田馬場の早稲田松竹、飯田橋のギンレイホール、渋谷のシネマヴェーラ渋谷の4館に限定されております。

文芸座、シネマヴェーラ渋谷は、1000円を払って会員になると、通常1500円とか1300円とかの映画鑑賞券が1100円になり、8回だか見に行くと9回目がタダになるのでお得であります。

文芸座はご存知、池袋の誇れる文化の殿堂でありまして、ここで、貴重な映画、例えば、中村錦之助の『鮫』なんていう映画は、経年劣化してピンク色になっておるやつを見たりしたわけですよ。無声映画の『カリガリ博士』とか『アッシャー家の崩壊』なんて、弁士付きで見た映画は、ここ10年位で一番の感動を与えてくれました。

シネマヴェーラは、邦画洋画を問わず、特集が組まれており、現在は、ルビッチ監督の映画のプログラムを日替わりで提供してくれております。これも、見に行かなければ!

また、ギンレイホールは、年会費10800円を支払うと1年間タダで映画が見られますので、これもお得。ただし、2週間固定のプログラムで、年間それほどの映画の数を見ることができない。ちょっと古い映画が中心のプログラムがほとんど。先週は、『エブリバディ・ウォンツ・サム』を見ましたが。

二本立ての名画座で育った僕にとって、映画とは二本立てで一つのものということになっており、単品のロードショウとかは物足りないか、お金がもったいなくて見に行けないわけです。それが、つまらなかったら、代替が効かないしね。二本立てだったら、次の1本があるさ!とも思えるし。

早稲田松竹は、そういう会員特典とかはないのですが、とてもいい映画を厳選しているので、ここを逃す手はない。先日も、九段下のインド大使館でインド哲学を午前中勉強して後、走って高田馬場の早稲田松竹に飛び込み、素晴らしきインド映画「PK」と「きっと、うまくいく」の二本立てを見たのでした。午後7時からのこれまたインド哲学の勉強会があって、このまま映画を見続けるか、それとも、ここで、席を立ち上がって、勉強に行くか、を、悩みに悩みながら、断腸の思いで、「きっと、うまくいく」の最後40分で映画館を抜け出したのは、俺ってエライぜ!と思った数少ない瞬間でしたが。(家に帰って、アマゾンプライムで「きっとうまくいく」で見終えたのは言うまでもない)。サミュエル・フラー特集の3本建てを見たのもここだった。お気に入りの名画座である。

というわけで、映画鑑賞とインド哲学の二本立てで、今年はブレずに頑張っております。

posted by ロビオ at 11:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

Yogaで最高の高みに登る

ある本を読んでいて「酔生夢死」という言葉が自分に飛び込んできた。

夢を見るかのように一生を無駄に暮らすこと。

この世の中で、自分は、一体今まで何を学んだのだろうと、今までに学んだことを反省すれば、そこには何もない自分を発見して呆然とする。

何も学ばずこの世から退場するのは慚愧に堪えない思いが打ち寄せた。

このままだと、取り返しのつかないことになるという漠然とした思いがココロに沁みた。そして、それは、確信に変わった。このままでいいはずがないと。

この世に人として生を受けたのは、何かを得るためだったのではなかったのか。

それは、財力でも、子孫を残すことでもなく、何かをこの世界から何かを学んで、そして、少しは賢くなってこの世を去っていくことが人としての道のような気がしている。

そして、来世があるとすれば、僕らが来世に持っていけるものは、そうした知識だけなのではないか。

友人に恵まれ、仕事に恵まれ、他に何を欲しがるのかという声もある。

が、私は、欲張りなのだ。

たった一人で、高みに登ってみたいのだ。

というわけで、インド哲学を学んでおります。

posted by ロビオ at 13:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

ヨガ的な生活

仕事がずれ込んで、今日もお仕事。

正月からは、本格的にヨガを始めるので、ヨガ的生活が、中心を占める年になりそう。

May the Force be with you.というわけである。

週末の名画座巡りもつづけるつもり。

足の具合が良くなれば、ヨガ的トレイルランニングに熱中するようになるかもしれない、それがどんなものであるにせよ。

農作業もあるし、パンも焼き続けるだろうし、料理の腕も上げていきたい。

仕事を通じて賢くなるように仕事に対する態度を代えていきたいし、これら森羅万象、ヨガ的な生活に繋げていきたいと思う。

暮らしは、人間の礎であるからして、暮らしが変わると言うことは、その人間が変わることだ。

一生、変わり続けていけるといいね。変化に物怖じすることなく。

posted by ロビオ at 09:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

嫌われる勇気

ちょっと前に再読した「嫌われる勇気」の最後の数ページは、今を生きること、その場でダンスを踊り続けること、円が閉じるように螺旋状に自己充実しながらも成長していくこと等々、私の中で共感の嵐が吹き荒れて実に充足した読書体験でした。

 
目的的に人生を生きるのではなく、今ここでの瞬間瞬間を充足して生きることによって、知らぬ間に誰も到達できない場所に立ってる自分にふと気づくということは、よく体験することだけれど、この本に背中を押されて、このまま自分の道を切り開いていこうという気分にさせてくれました。
目的を達成するであろう未来は、まだ存在しないし、刻々と瞬時に霧消する過去はすでに失われてしまっている。たった、この今ここというこの瞬間に生は存在するのだから、その瞬間瞬間を味わい抜くことが大切だということです。

20年で生を終えた者も、80まで生きた者も、その生きたという充足は同じであるというようなことが書かれていました。

これは、ローマの皇帝マルクス・アウレリウスが自省録の中で「たとえ、君が三千年生きるとしても、 いや三万年生きるとしても、 記憶すべきは何人も現在生きている生涯以外の何物をも失うことはないということ、 また何人も今失おうとしている生涯以外の何物をも生きることはない、ということである。

従って、最も長い一生も最も短い一生と同じ事になる。 なぜなら現在は万人にとって同じ物であり、故に失われるときは瞬時に過ぎぬように見える。何人も過去や未来を失うことはできない。 自分の持っていないものをどうして奪われることがあり得ようか。 」と書かれていることと同じで、本当に、そうだと思います。

また、いきなりダンスを踊り続けるということが書かれていて驚きましたが、たぶん、これは、村上春樹の『ダンス・ダンス・ダンス』の中で羊男が言う台詞、「踊るんだよ、音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。おいらの言っていることはわかるかい?踊るんだ。踊り続けるんだ何故踊るかなんて考えちゃいけない。意味なんてことは考えちゃいけない。意味なんてもともとないんだ。」 ということに触発されて著者が書いたのかもしれません。

人生は無意味であり、その人生に意味を与えるのはあなた自身であるというのも至極もっともなこと。『ダンス・ダンス・ダンス』の羊男の助言に従って、今ここでダンスを踊り続けよう。

posted by ロビオ at 12:50| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

大江健三郎月間 大江健三郎月間

大江健三郎が素晴らしくて、ガンガン読み進められる予感。いままで感じていた共感を一気に冷めさせるような生理的に嫌な表現が突然出てきて、調子が狂うことが多いのだけれど。
これも、意図された表現なんだろう。
数10年前に大学の図書館で『同時代ゲーム』を最初の10ページ位で放り投げだした記憶もあるけれど、今なら、読了できるかしら?
『万延元年のフットボール』『個人的な体験』は、今まで読んできた小説の中でもとても感動した小説ではあったものの、他のすべての小説を読みきりたいとは思うまでには至らなかった。寓話的で、核時代の黙示録的なのが、どうも苦手で。ノーベル賞受賞作家というのも鬱陶しかったし。
同じような作家に安部公房がいて、『砂の女』は、何度読んだかわからないけれど、その他の小説にはあまり熱くなれない。古井由吉もそう。小島信夫もそう。
村上春樹、遠藤周作の主だった作品を一月二月かけて読んでみて、毎回同じことを同じように品を変え形を変えて物語っているわけで、その人の本を集中的に読むと、理解力は進むし、こちらの意識が広がるような気がするのは、読書の醍醐味の一つではあります。
50過ぎたら、広く浅くよりも、狭く深く井戸を掘って、水脈を探してみるほうがいいのかもね。そのための勘を今まで養ってきたのだから。さて、8月もバシバシ行きましょう。
町田康は、怖いもの見たさで、今日、文庫を1冊買ってみた。文学全集の宇治拾遺物語の訳が素晴らしかったので。

posted by ロビオ at 16:15| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

加齢による運動低下を如何にせん

家から名郷までの自転車のタイムトライアルは、5年前は、心拍数150でトレーニングしていたはずなのに、現在の130とあまり変わらなくなってきた。ペダリングが上手になってきたんでしょうか?やまめの先生の本に感謝です。が、5年前より、坂道を登るのにだいぶ手間取っている。心拍数130以上にはあげないから、楽ちんで登るのだが、そのスピードたるやかなり遅い。
スイスイと登れなくなっているのは、たしかに、自転車が2キロ位重くなっているのと、坂道の練習をあまりしていないからかもしれないが、ややトルクをかけてペダリングする際の筋力が落ちているような気がする。まあ、そいつに関する不足に関しては、追いかけず、力を抜く方向と、一瞬の筋力の使い方を練習して、筋力不足を補おうと思う。
時々、心拍数を150くらいまでじわじわ上げて、そして、そこまで上がったら、130以下に心拍数を下げるというインターバルも時々やっているが、かなりのスピードが出て、これは、5年前より、速くなっているかもしれない。
ケイデンスも160位に回しても、お尻が跳ねることは無くなったのは、心拍数130で、坂道をゆっくり登りながら、丁寧にペダリングの練習した成果だと思いたい。
加齢による運動低下を口実にズルズルと鍛えることを怠るという選択肢もあるけれども、やはり、ここも練習を通じて、楽しく体力の維持に努めようと思う。
加齢による運動力の低下は、体重を減らすことと、テクニックを磨くことでなんとかなりそうな気がする。
もちろん、瞬発力は、どんどんなくなっていくだろうが、しぶとくトルクをかけ続け、平均速を上げるのは可能なのでは?
トレイルランとロードバイクをクロスして体を鍛えたいのだけれど、まだまだ、トレイルランをすると、翌日、足の裏の痛みがひどくなるので、しばらくお預けだ。
ロードバイクでは、筋力を鍛えることはあまり期待できないので、トレイルランで補って、重畳効果で、どちらも上手にできるようになりたいものです。
というわけで、走って駄目なら、歩いてみよう。痛みも、収まるかも。だから、来週からは、ハイキングに努力を傾けよう。
まずは、飯能アルプスで、伊豆ヶ岳まで行けたらいいなと思います。
posted by ロビオ at 10:17| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

自転車だけではなかなか痩せない

自転車は、着地の衝撃がないので、筋力はあまり使わず、老年になると運動していても、宇宙飛行士のように骨粗しょう症になってしまうのだそうだ。きっと、水泳もそうでしょう。
というわけで、訳あって、走ること能わず、自転車ばかりのっているのだが、カロリー消費もすくなくて(自転車の場合)なかなか痩せない。
ペダリングが上手になると、更に、筋力を使わなくなって、カロリー消費率もどんどん少なくなっていってしまっているようだ。
かといって、ぼくの限界心拍数128以上にあげて、しゃにむに強高度な運動していたら、早死するから(アスリートで長生きする人を知らない)、そういうことはやらない。穏健に、自分の心臓のリズムに合わせて、歌を歌えるペースで山道を登ったり下りたりしているわけだ。
というわけで、食事を少なめにし、胃袋を小さくさせて、糖質制限も考慮に入れながら過ごすも、ビールを飲む悪習に耽溺しておる体たらくもあり、また、小商いパン屋でもあるので、焼けたパンを喜んで試食してしまうので、なかなか難しいところもある。炭水化物大好きだし。
だから、筋力を維持するために、土日には、トレイルを走って、筋肉に刺激を与えてやっている。その甲斐あって、月曜日の朝には、へその穴が浅くなり、かまぼこ型の腹筋の段差が薄っすらと分かる程度に見えるような気がする。気のせいかもしれないが。
これは、自転車に月1200キロ以上走ってもだめで、やはり、土日のトレイルランが効いておる。
というわけで、月曜から金曜日にかけて、自転車に2時間程度乗りながらも、徐々に腹の周りに脂肪がつき始めて、土日に食事制限とトライアスロンで、その分を燃やし返すというサイクルのここ2ヶ月なのでした。
運動と食事制限が二輪となって、前に進むダイエットの原動力になっているのに、なかなか、それが難しい。
運動して食べること少なければ、必ず脂肪は減っていく。
こんな簡単な計算は、自民党に憲法をいじらせてはいけないのと同じで、誰にでもわかることなのに、世の中は思い道理にはならない。
とにかく、体型を維持して、健康を促進し、かつ自律の精神を育むというのが、僕のマフェトントレーニングの動機の中枢にあるのだから、この辺は、とても大事なトレーニングの効果でもあるのだ。
posted by ロビオ at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

遠藤周作『侍』

遠藤周作の『侍』は、ヘビー級の重い後味を残した小説でした。いろいろと考えさせられました。小説じゃなければ、書けないテーマで、物語と自身が一体化することで、重い体験を得ることが出来ます。
自身や家族単位では仏教を、小さな共同体や日々の習俗では神道を、クリスマスを祝って、現世利益を頼みに神仏にお金をその対価として賽銭箱に投げ入れるなんて、神を神とも思わない暴挙だと思うのですが、そんな無茶苦茶な宗教的日本の状況は、その精神生活を良くも悪しくも軽いものにさせてますね。その場その場の都合で、宗教さえ、あちこちのものを継ぎ接ぎで利用するというわけです。
この小説は、17世紀のお話ですが、封建的領主関係、家制度が崩壊し、年功序列型の会社組織も影を潜め、核家族を通り越して、お一人様が主役になりつつあるこの社会、もう、自由すぎて、その重みに絶えられず行き場を失っているというのが、今日の政治的状況でしょうか?
行きが詰まりそうなのが、世間的に恥をかかなければなにをやっても許してしまう自分、だから、3.11の経験だって無反省。絶対的なものとの対話をしないための思考力の弱さが、老若男女皆子供から大人になれない世界を形作っていることが、よくわかりました。
今月は、遠藤周作月間なので、軽めの幾つかの小説も読みましたが、『海と毒薬』『キリストの誕生』『イエスの生涯』『留学』『侍』『沈黙』は、ためになりましたよ。
posted by ロビオ at 11:27| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする