2017年10月11日

仕事とは義務の遂行

僕が担当した被後見人には身寄りがないので、火葬で骨を拾ったのは、僕と葬儀社社員の二人で行った。

短い間ではあったが、いろいろと関わってきた方が亡くなると、やはり、平気ではいられない。感情が高ぶることもある。あれやこれやを思い出す。私がやれることはやっただろうかとも思う。

身寄りの無い方の後見人になるということで、死後事務は、どういうふうに執り行うのかとか、骨壷はどうやって保管したらいいのかとか、いろいろと想像したこともあったけれど、今は、葬儀屋さんが、骨壷の保管も行ってくれていて、事務作業はとても楽だった。

事務所に行き場を失った骨壷が二つ三つと増えていくのかしらん?と心配することはなかったのである。

もちろん、死後の事務は報酬にはならない。けれども、誰もする人がいないのならば、それは、僕がやらなければならないこと。義務の放棄はゆるされない。

まあ、そんなこんなで、多忙を極め、あれやらこれやがが、同時発生的に身に降り掛かってきて、あっという間に、時間が飛び去ってしまった。

残業はしないので、事務は、溜まるばかり。

こういう定形外で予想の付かない仕事をいろいろとこなしていく内に、仕事というのは、金を稼いだり、それで自己実現させたり、野心を満足させたり、社会と繋がりたいという要求を満たすためのものというよりも、自分がやらなければならないことを、ただやるためのもので、運が良ければ、その対価として金が後からやってくるものだという風に考えるようになってきた。

流しそうめんが流れてきたら、それを箸で摘まなければならないのだ。

こういう人は、お金を儲けることはできないだろう。

お金を稼ぐために一番必要なのは、お金を稼ぎたいと思うことが大切だからだ。

欲する者に欲する物は飛び込んでくる。

だから、その為には、低収入でもやっていけるように、経費を極力かけずに、生活費は縮めるかけ縮めることも必要であろう。

今年は、米が豊作で、1年間、食べるものに苦労することはないだけの収穫を得た。

玄米菜食で食費もほとんどかからない。

自分で作る料理より美味しいものはなさそうな気がするし、外食もする気がなくなった。

僕には、妻がいるし、友人がいるし、美味しい野菜や米がある。

そして、やらなければならない仕事がある。

他に何を望もうか?

当然、仕事に対する野心も、儲かるからその仕事に飛びつくということもない。取らぬ狸の皮算用とて、鼻の穴を広げて、興奮することもなくなった。

土地持ち、財産持ち、家族持ち。大変だなとおもうようになった。できるなら、そういうものは、自分には少しだけあればいいと思うようになった。

人生に必要なお金はわずかあればいいのではないか?

日本の国土さえあれば、豊かに食べるものはできるのだ。

お金で買えるもので欲しいものはほとんどなくなってきてしまった。

そういうことすべてが、自分にとってはいいことだと思っている。

どんな仕事も、ある種のしなければならないその人特有の義務なのである。

義務に報酬は伴わないものである。

その義務をその結果を考えずに真摯に行うカルマ・ヨーガは、仕事を霊的な世界に入るための修行に変えてしまう。

それこそが、仕事の持つ価値なんではないだろうか?

そうして、世界は回っている。

posted by ロビオ at 15:54| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

カルマ・ヨーガ

心の平静を失わせるものは、その活動自体ではなく、行為の結果に対する願望である。

だから、行為の結果に対する願望を捨てて、活動をすれば、心は平静を得ることが出来る。

ところで、仕事や活動の強力な原動力は、この行為の結果に対する願望である。

これを断ち切ってしまったら、仕事や活動に従事する原動力を失い無気力になってしまうのではないかという疑問が起こるのは当然である。

しかし、結果に対していかなる執着を最新の注意を払って行為を遂行することは、霊的な成長を遂げるために必須のトレーニングなのである。

この成長を求める熱意が、仕事を進めていく上の原動力になる。

この大きな車輪が動いて、どんどんスピードを上げても、軸に座っている本人の心は、涼しく、常に平静である。

心、惑わされることはない。

かれは、一歩一歩、神の領域に近づいている。

ざっと、カルマ・ヨーガという悟りへの道の概略はこういうものだ。

なにも、出家して悟りのための専門職にならなくても、日常の生活の中で、このことをとりいれれば、その道は通じている。

ヨーガも瞑想も断食も不要である。ただ、ひたすら働けばいい。

この素晴らしいアイデアは、バガヴァッド・ギーターに書かれている。

願望を捨てた行為は、足跡を残さない。

いかなる感情もそこには生起しない。

いわば、足跡をつけずにカルマという道を歩くに等しい。

しかし、これをやってみると、ほとんど不可能だと思えるほど難しい。

しかし、何事も、少しずつ努力を積み重ねていると、ある日、はるか遠くまで見渡せる高みに到達するものである。

努力を続けよう。

ところで、時々、トレイルランニングをしていて、ふと気がつくと、走っている自分に驚くことがある。その間の走ってきた道を、走ってきたことは覚えているが、その間に見ていたものとかをすっかり忘れていることがある。

眠りながら走っているようなものだな。たしかに、心は平静で、瞑想しているようなものだ。

こういうのって、カルマ・ヨーガって呼ぶのか?

少しは、道を一歩でも進めたのか?それとも、ボケたのか?

難しい問題だな、これも。

posted by ロビオ at 10:23| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

ひよこ豆の粉で天ぷら

ヨーガを心の支えにして、インド哲学を学び、森の中を走り、マントラを唱え、息を整えて、瞑想し、小さな人の輪を繋いで物々交換的に新鮮で美味しい野菜を頂いて、自らも、田んぼで稲を育てている。

高校時代に思い描いていたような生活が少しずつ実現できてきているのに驚くのだね。

ほんとうに、夢は常に描いていると実現します。

夢というのは、荒唐無稽な雲をつかむようなものではなく、日々の日常の積み重ねから、苦労することなく実現できるものなのだと思う。

自分の野心や感覚的な楽しみごとを満たすための目標は、欲望であって、それは夢と間違えられやすいが夢ではなく、実現したところで、人を不幸な世界におびき寄せるものでしかないのは、歴史書や文学や映画をみれば、海の水ほどありふれているのがわかるだろう。

夢は、常に自分に寄り添い、発見されることを望んでいるもので、いざ、発見されると、それが自分の夢だったとおもわれるようなものだと思いたい。気づいてみたら、ああ、これが夢だったんだと。

で、そういう生活に親しんで、ヨーガをやっているひとは、ベジタリアンに傾向的に向かうのは自然であって(なんでか?というのは長いので省くが)、この僕も、ベジタリアンである。動くものは、食べない。

酒も飲まないし、外食は難しいし、革製品は避けたいし、人と夜の会合なんかでは食べず飲まずではつまらないし、人とこうしたつきあいをするのが面倒になってしまうのだけれど、まあ、つきあって面倒と感じない場所だけ出向けばいいし、人と付き合えば自己嫌悪に陥るのが常だし、友達は一人もいなくても、出会う人がすべて友人だと最近では思うし、まったく痛痒を感じない。

ヨーガとともに生きるとは、こういう風に自由に生きることでもあるのね。

さて、ヨーガの生まれ故郷インドでは、ベジタリアンが多いので、インド料理には野菜を使ったレシピがたくさんある。

そんなわけで、僕の趣味の料理もベジタリアン料理になってしまうのだが、このところ、カレーばっかり作っていた。

実は、毎週土曜日にインド哲学を勉強に行くのだが、そこで休憩時間にいただくカレーがとっても美味い。このカレーと同じくらい美味しいカレーを作るには、どうすればいいのか?ということをテーマに、毎回作っているという次第。

土曜日は、ひよこ豆といんげん豆と茄子とオクラのカレーを作った。最近は、レシピをみないで、適当に作って、かなり美味しいカレーが作れるようになってきた。

日曜日は、野菜料理で、ちょっと前に、東京は蔵前のベジタリアン食材店アンビカショップで買ってきた「ひよこ豆の粉」を使った野菜天ぷらを作ってみた。

IMG_20170924_172221

ひよこ豆の粉とターメリック、胡椒、唐辛子の粉、塩、以上を少々混ぜて水で溶いて、油で揚げまする。

知り合いの農家からこのために取り寄せていたカリフラワーと、オクラ、茄子、インゲンを揚げたのがこれ。

サクサク感が強くてさっぱりしていて、かなりうまいスナック菓子みたいでかなりうまかった。

そして、こうした料理によく使われる調合済みスパイスを買ってきたのがあったので、味を見ながら、トマトと混ぜ混ぜして、ちょいと砂糖をいれて、ちょうど良い味に思えたものに、ディップして食べた。

ご飯は、ターメリックとクミンシードを小さじ半分と塩を少々いれて炊いたクミンご飯にして、おいしくいただきました。

ひよこ豆の粉で、かなりベジタリアン料理の範囲も拡がるね。パンに入れても良さそうだし。

posted by ロビオ at 11:53| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

稲刈り間近

IMG_20170924_081949

稲の生育もすこぶる満足がいって、収穫は来週にすることになった。

無農薬でちゃんと素人が稲を育て上げることができるんだと驚くとともに、あの連日の早朝雑草取りの日々を思い起こして感慨深い。

世の中、絶望したくなるようなことばかりが起きているけれど、そして、日本は沈没寸前まで、来るところまできてしまった感がある。

自分が何者かを知らないという無知から派生するアイデンティティーの喪失。

そんなものが、作用して、この国全体が正気を失ってしまった。

正気を失っていない人も数が多いのだろうが、それは、常に少数だ。

悲しいが、いつの世もそういう風になっている。

僕は、常に少数派に与するようになってしまうので、こういうことも言いたくなる。

しかし、それでも、人生は続くよ。

僕は、自分の道を進むしかない。

posted by ロビオ at 02:32| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

『マイビューテフルガーデン』と『未来よこんにちは』と『ダバ・インディア』

飯田橋ギンレイホールで、『マイビューテフルガーデン』と『未来よこんにちは』の二本を鑑賞する。妻と(笑)。

妻と映画館で映画を見るのは、ず〜っと昔の『レ・ミゼラブル』以来かも。

『マイビューテフルガーデン』は、『アメリ』から悪ふざけを抜いたようなおしゃれな映画。

『未来よこんにちは』は、イザベル・ユペール主演の「それでも人生は続くよ」という内容の映画。

英語圏の人たちは、よくLife goes on(人生は続くよ),というフレーズを良く使う。

オブラディ・オブラダというポール・マッカートニーのビートルズの歌の中にも、このフレーズが飛び出すし、映画だと、ショーン・ペン主演の映画『21グラム』という作品で、このフレーズが3度使われていたと記憶する。

人生山あり谷あり。生きてりゃいいことも悪いこともあるさ。ここでへこたれても、人生はそれでも続くんだよ。

そんな風に使われるんでしょうか?

『未来よ こんにちは』の主人公に降り掛かってくる災厄、苦悩、煩わしいこと、それから逃げることなく、受け止めて、しっかりと歩を緩めることなく、未来に向かって毅然と立ち向かっていく姿に、リアリティを感じました。

イザベル・ユペールという女優は、最近では、『アスファルト』という変な映画で、落ちぶれた女優の役で素晴らしい演技をしてましたが、この映画でも、淡々とした演技が光ってましたね。

映画が終わったら、京橋の南インド料理屋の「ダバ・インディア」へ。最終オーダーの14時30分に滑り込んだ。

この場所は、先週、印度哲学の勉強会のあと、インドのお坊さんと受講生でここで昼食をしに行ったのでした。僕は、仕事があり、不参加だったのだが、皆さんベジタリアンなので、ベジタリアン料理もあるはずというわけで、妻を誘って、行ってみたのでした。

僕は、ベジミールスという、野菜のカレーのランチを、妻は、ドーサというインド風のガレットのランチを。

台風到来の雨の中、それでも、ほぼ満席だったが、待たずに座れたのはよかった。

家で作るカレーもいいけれど、たまには、こういうところで、味の確認をするのも大切ですね。

posted by ロビオ at 05:57| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

『転校生』と『さびしんぼう』

新文芸坐での大林宣彦監督特集のプログラムも残り僅かになってきた。

尾道三部作のうち2作、『転校生』と『さびしんぼう』を見る。

映画館は、初回なのに、満席。ここまで、新文芸坐で、満員だったのは・・・ちょっと記憶に無い。

とにかく、『転校生』と『さびしんぼう』は大傑作であることに間違いない。

尾道三部作というのは、大林宣彦監督が監督をした尾道を舞台にした『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』のことをいう。

尾道を舞台にした映画と言えば、小津安二郎の『東京物語』がある。

そして映画フアンとしては、この尾道には、あのごみごみとした東京下町の路地に坂を多くしたような海の見える平家に、笠智衆と東山千栄子と娘の香川京子が未だに住んでいるんである。

お寺の階段。『時をかける少女』で火事を見に行った路地。それらが、この三部作でも、三作に渡って同じ景色が映し出されている。これらの映画のおかげで観光地になったようで、僕も行ってみたくなったね。

そんな映画フアンの心象風景を壊すことなく映像化しているのが嬉しくなってしまう。

『転校生』のヒロインは、小林聡美。『さびしんぼう』は、富田靖子。

どちらも、タイプはぜんぜん違うんだけれど、どちらも大好きだなあ。

とくに、小林聡美は、この映画だけで引退したとしても、映画史上に残る名演技だったのではないでしょうか?

『さびしんぼうの』ラストの雨の降る中のツーショットは、海外の映画の文法の教科書に載っているほどの名場面です。

とにかく、この2作は、大林宣彦監督の二つの大きな頂点であることは間違いない。

両作品とも複雑な哲学的な心理学的なテーマを扱っているので、これから、これを題材にして、あれやこれや考えたいと思っております。

みなさんも、是非、DVD等でご覧になってくださいませ。

映画が終わって、拍手が起きましたよ。こういうのも、久しぶり。

posted by ロビオ at 18:02| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

さ、勉強しなくっちゃ

二日に一度、早朝にパンを焼くので、二日に一度、早朝ランニングに出発する。交互に、パン焼きとランニング。

リズムができると、そのリズムに合わせて生活が成り立つ。

習慣は第二の天性なり、というけれど、体という、いわば白紙の五線紙に、楽譜やリズムを書いては消していくほどに、確固たる自分の曲が出来上がっていく。できれば、そのリズムは、自分の心拍と同調したい。

新しいGPS心拍計Garmin forathlete630Jは、すぐにGPSを捕捉してくれてストレスなし。今までになかった機能として、左右の足のバランス(なにのバランスかは不明)とか、体の移動の上下差とか、着地時間とか、ケイデンスとかを計測してくれる。また、最大酸素吸収能力とか乳酸閾値も計測してくれる。シリアスなランナーにとっては、とても充実した機能が満載だが、僕にとっては、宝の持ち腐れかも。

ただ、1分間に繰り出す左右の足の歩数は、180から190だったり、走る際の上下動は意外に少なかったり、GPSの判定だと、上級者のランクになっている。

ヨーガの呼吸法でも最大酸素摂取量は増えていくのかも。

というわけで、こういう機能はあまり必要のないものかも。走り込んでいけば、無駄がなくなっていくのでしょう。

さてさて、忙しさにかまけて、大幅に勉強が遅れているサンスクリット語。なんとかしなくちゃ!

というわけで、これから、勉強の予定表を考えてみる。

これも、習慣にして、座ったらすぐに勉強モードという風にすれば、「第2の天性」にすることが出来るはずでしょう。

いろいろと反省すると、ほんとうに、無駄な時間ばかりを費やしておる。

さ、勉強勉強!!!

posted by ロビオ at 09:57| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

草枕とインド哲学とフォーアスリート635J

インド哲学によると・・・肉体が滅んで来世に魂とともに運ばれるものは二つしかなくて、それは、智慧(ジュニャーナ)と今世で行った行為(カルマ)だけだと教わる。

これがあるからこそ、魂は個性をもち、その魂ごとに輪廻転生する原因となっているわけだ。

インド哲学では、個性というものは、あまりいいものではなく、魂は、永遠で、無限で、偏在するものであり、私という存在もそうした魂であるのであるから、自分自身を知って悟った暁には、私は私という個性を止めて、宇宙と合一してしまうらしい。

なにか、後生大事に大切なものだと考えていた個性というものが、実は、無知に彩られた幻影にすぎない、と、こういう風にインド哲学では、考えているようだ。

まあ、こういう風に言われれば、智慧を身に着けるべく、インドの聖典を勉強しつつ、善い行いを行っていきたいとも思うし、こういう勤勉で、倫理的な態度は、人生において役立っていくことであらうとも思うのだ。

そして、インド哲学を勉強していくと、独自の視点というのが生まれてきて、映画を見ても、小説を読んでも、人の話を聞いていても、最近では、「インド哲学的な見地からすると」という風に鑑賞したり判断したりすることが多い。

映画を見ているのも、印度哲学の事例応用的に利用している。

なかでも、夏目漱石の著作は、インド哲学的な見地から読むと、ふむふむなるほどと理解が深まるような気がするのである。

とりわけ、漱石が、若い頃、印度哲学の手ほどきを受けて、サーンキヤ学派の影響を受けているというのを、岩波書店の夏目漱石全集の注で初めて知ったのであって、『草枕』を読むと、その学派の主張するプルシャとプラクリティについて、夏目漱石風に小説に仕立てている。その「非人情」という概念がそれである。また、後日、修善寺での喀血後に言ったと言われる「則天去私」というのも、印度哲学の香りが濃厚である。

それは、物質界である心やモノを超えたところに魂があり、その魂が俗世間を覗いたときに生まれるある種の境地をいうのであろう。

というわけで、ちょいと前に読んだサリンジャーの『フラニーとゾーイー』と夏目漱石は、インド哲学風な小説を書く二大巨匠である!ということで、興味が尽きないのである。

そういえば、則天去私というのも、このインド哲学に触発されての境地であろうと思うのだが、そういう話を聞いたことがないのはなぜだろう?

数ヶ月前に漱石の『道草』を読んで、その人間の心の描写の的確さに驚いたのだが、『草枕』の語彙も壮絶という感がある。キンドルに入っている日本語辞典で分からない言葉を引くと、その出典としての例が、『草枕』だったり『三四郎』だったりする。

チビチビと線を引きながら(キンドルなのでハイライト)、現在、インド哲学という観点から『草枕』を研究中。

あ・れ・ま!

当初に書こうと思っていたことから、ぜんぜん違う方向へ話が向いてしまった。

そうそう、ランニング時のGPSガジェットについて書こうとしていたの。

もう相当長いこと利用してきたガーミンのオレンジ色したフォーアスリート310XTが、時々、スイッチが入らなくなることや、コンピューターにデータを送るとエラーが出るくらいならまだ我慢できるが、2,3日使わないでいると、GPSを捕捉するのに、下手すると20分も30分もかかるというところが気に入らなかったのだった。

まだ使えるので、利用していたが、そろそろ新たなGPS腕時計を買ってもいいころじゃないかしらと思っていたところ、アマゾンで、25,000円で、心拍計付のガーミン フォーアスリート635jというのが出ていたので、ポチッと。

なんでも、最新の心拍計は、ほとんど僕には必要と思われない機能であるが、体の上下動やらピッチ長やら足の設置時間を算定してくれるらしく、単独で購入すると16,000円もするという。

この心拍計に、本体も付属して、2万5000円ならいいのではないかと考えたのだった。

それで、これを使用してみたところ、家を出て、スイッチを入れるとたちどころに、GPSを補足してくれて、ストレスなし!

う〜ん、これだけでも、買ってよかったね。

最近では、腕から心拍数を測るものが多いようだけれど、誤作動も多いようで、これはこれでストレスがかかりそうだ。

そして、この心拍計は、かなり正確に心拍数を計測してくれるし、乳酸閾値という昔から知りたかった数値がこのガジェットで計れるのは素晴らしいと思いました。

というわけで、この乳酸閾値の心拍数を参考に、これからもね、運動をすこしずつやっていくわけでありました。

 

IMG_20170907_184455

posted by ロビオ at 14:30| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

『台北ストーリー』と『タレンタイム 優しい時間』

飯田橋のギンレイホールで、『台北ストーリー』と『タレンタイム 優しい時間』の2本を鑑賞。

最近余り見ることのない台湾映画とマレーシア映画である。

どちらも良くできていて、『台北ストーリー』は、舞台は台北なのだが、まさに1980年ころの東京のバブル時期の「嫌な匂い」が充満していてるものの、なんだか懐かしい。

そういえば、この間見た『横道世之介』は、ずばり、僕の母校の同じ時期の大学キャンパスが再現されていて、これもまた、その当時の「嫌な匂い」があって目を背けた。

『台北ストーリー』は、日本発バブルの波が台湾を襲い、その変わりゆく台北に生まれてからずっと育った今は同棲している幼馴染の周辺を描いた物語である。

原題は、「青梅竹馬」と出ていたので、調べると、おさななじみ、のことだという。

周りの世界はどんどん日本のバブル経済の破壊力を受け、人をどこかに連れ去っていってしまうのに、、おさななじみは、皆、そこから一歩も踏み出すことのできないでいる、その閉塞感を描いたと言ってもよかろう。

古い人間関係や場所に自分のアイデンティティの碇を下ろしてしまうと、居心地がいいはずのその場所が、いたたまれない、肌に刺すような哀しさ、怒りがこみ上げてくることがあるだろう。かといって、その碇を上げて、新天地に移動することのできない自分がいる。その閉塞感が見事に描かれている。

ショットとショットの繋ぎが芸術的で、例えば、父親と同棲相手と食事をするその娘の関係を、床に落ちたスープを飲む際のレンゲが落ちる音と映像で描き出している。

また、古き良き台北の夜の建物を描く映像は、ドイツ表現主義風に光が映像でしか表現できないものを写し取っている。

『タレンタイム』はマレーシアの映画で、多人種の中に生活している高校生の青春映画でもあるのだが、高校生がバイリンガルやらトリリンガルだったりして、日本人が10年近く英語を勉強してほとんど話せないのは、こういう直に交わる異文化との交流がないからなのだと考えた。

それにしても、宗教というものが人を縛るというのは解せないもので、本来の宗教は自由を与えてくれるものなのに、ああ、人間というものは、人を国土に、家族に、宗教に縛り付けるものなのだな、人が自由になることに恐怖を感じるのだなと思ったが、拙い感想ですみません。

イギリスは、ヨークシャ出身の夫と、現地のマレーシア生まれのモスリムである妻から生まれた娘(もちろん宗教はモスリムである)が、インド系マレーシア人の貧しい、耳の聞こえない青年と恋をするという入り組んだ状況がなかなか泣かせる。

宗教上の違いから生じる問題があぶり出されるものに、娘とその青年に問題解決を委ねる場面で、その妻に向かってイギリス人の夫が「僕達が直面した問題を彼らもぶつかっているんだ。静かに見守ってやろう」というのだが、これが、この映画のテーマでもありましょう。

乗り越えられない問題はないということ。一度嘘の人生を選べば、後悔しか残らないとか、そんなテーマがひしひしと感じられるいい映画でしたね。

posted by ロビオ at 12:07| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

豊作といっていいんじゃないか?

咳喘息で10日ばかり静かにしておりました。

とにかく、空咳が出て眠れない、ツライ毎日でございましたが、昨日から復帰。

まあ、今年に入ってから、また来るか!っていう波がたくさんやってきては去りの日々が現在まで続いているわけで、また今日も!っていう具合に、もう日常が非日常化して、もう来る波と同化して、渦に巻き込まれるしかないという状況です。

体の疲れもきっとあっただろうとは思いました。

そうそう、夜にジョギングまでしてましたからね。やや走りすぎたのかも。

まあ、そんな中、印度哲学は勉強しておいてみるものの、成長しているのかしていないのか、がっかりすることも多いのだけれど、自分でも気づかずに、高みを毎日登っているのだと考えて、日々精進していきたいなとは思うのであります。

それにしても、健康のありがたさよ。

こういうツライ目に合わないと、なかなかこういう実感もわかないわけで。

IMG_20170903_101617

それでも、ゴホゴホさせながら、田圃の稲はどうじゃな?と気になるので、妻と二人で出かけていって、稲の中に足を踏み込み、稲と一体化したヒエやらアワの類を刈りつつ、地面では、コナギが紫色の可愛い花をつけておって、来年も、こいつと格闘するのは必至だなと決意を新たにしたのでした。

それでも、どうです、この稲穂。豊かな気分になりますね。

今年秋から1年の食料は確保できたような気がします。

ああ、豊か豊か!稔の季節。

あと、収穫までの数週間、天変地異がありませんように!と祈りながら、1時間30分ほど、雑草取りを楽しんだのでありました。

今年1年、というか、たかだか5月からの4ヶ月の稲との付き合いではありますが、自然とともに添い遂げるというか、どうしてほしいのかという稲のかぼそい声を聞きながら、雑草取りでしたがね、農作業って本当に素晴らしいものです。

自分で食べるものを自分で作るという至極アタリマエのことが当たり前ではなくなった瞬間に、人は孤独を感じるのではないでしょうかね。人は、自然とともに歩んでいる限り孤独ではないのかもしれませんね。

自然と直に触れ合いながら、命を繋いでいくこと、このことの大切さを身にしみた今年の夏でありました。

四季はめぐることの素晴らしさっていうのは、こうして時間が来ると収穫の時期が自然に訪れることですね。

ピート・シーガーの「ターン・ターン・ターン」という曲を、ザ・バーズがフォーク・ロックにしてヒットした曲があるけれど、それには、それに適した季節というものがあるのです。

今すべきことにフォーカスして、それに集中しなければならないことが、人にはたくさんありますが、あれもこれもと、一所懸命に生きていると、そのしていることの意味はわからずとも、知らず知らずのうちに、おおきな壁を乗り越えて、高みに立っている自分を見つけることもきっとあるでしょう。

そう考えて、今日も、目の前の難題をやり終えて、いつか気づくであろう収穫を待つことにしましょうか。

posted by ロビオ at 12:42| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする