2017年08月18日

夜ラン

このところの雨で、走る気持ちも失せてしまいがちだが、走ることの出来る時には走っている。

早朝は、田圃に行くことが多くなってきたので、早朝に勤しんでいたランニングは、夕食後に行うことにしている。

なんでも、慣れてしまえば、それが当たり前になってしまうもので、夜に走るのも悪くはない・・・が、それなりに注意しなければならないことがある。

飯能という田舎町で、車や人通りが少ないところを選んで走れば、それは、街路灯がないところを走るということになる。

時には、暗闇に吸い込まれて、足元が見えないところも何箇所かあり(足元に注意して歩くか、小走りにする)、これは危ないし、たまに走る車に引っ掛けられないかとヒヤヒヤすることもある。

というわけで、腕に巻いて光を放つランニング用のライトをポチッとした。

850円なり。ジェントス LEDセーフティバンド 桃 AX-950PK

足首に巻けば、多少とも路面の状況もわかるのではないかと期待している。

しかし、夕食後に走ると、横っ腹が痛くなりますね。

あんまり体にはよくなさそうだけれど、9時にはヨガをして寝たいので、そうも言っていられない。

昨晩は、13キロほど走ったが、体重もぐっと落ちたか、夜に食べすぎた分を運動で調整できそうで夕食後のランニングも悪くはない。

もちろん、心拍計をつけて、心拍数130あたりで走ることも忘れない。

このくらいの心拍数だと、疲労回復も早く、疲れが持ち越されることもないようだ。

最近、仕事のことを考えて、寝られない日々が続いたが、夜ランの後は、ぐっすりと眠ることができた。

習慣付けよう。

posted by ロビオ at 10:08| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

ヴェジタリアン生活に至ったわけ

今年から本格的に無農薬で米作りをはじめた。

あっという間に、雑草が生えてしまい、毎朝、田圃に出かけて、鎌で刈り取り、手で根っこを引きちぎって、土の中に埋めた。

昨年は、雑草取りをあまり熱心にやらなかったために、米の収穫量が減ってしまったと思って、今年は、雑草取りを熱心に行ったのだ。

稲を残して雑草を刈るということは、つまり、米の収穫量を上げたいがためにそうするのである。

自分の利益のために、生き物を殺しているのだな。

なんと罪深いことだろう。

里山の宅地造成に反対をしていたことがあったけれど、自然を犠牲にして会社の利益のために宅地をつくるなと反対していた当の自分が、自分の利益のために、雑草を刈っているのではないかとふと思いついたら、もういけない、この雑草刈が、生き物を大量に殺戮しているかのように思えて、吐き気がした。

このように、人間が生きていくということは、罪深いことなのだ、無農薬で米を作るということでさえ。

こうした感性が僕の中に生まれたのは、宅地造成の反対をしていた頃に、あれやこれや、自然の権利とか、環境倫理学とか勉強していた素地があったのかもしれない。

さらに、ヒンズー教の中にあるアヒンサー(非暴力)という戒律があるということを本格的に学んだからではないかと思う。

このアヒンサーという考えを深めたのがガンディーで、『獄中からの手紙』という岩波文庫の本で確認できる。

生き物を殺すことは良くないことで、そうすることで悪い印象が心のなかに生まれて、修行の妨げになると、ヨーガの経典である『ヨーガ・スートラ』でも、ヨーギーが行うべき戒律として書かれているほど重要な概念なのだ。

ところで、僕がベジタリアンになったのは、ヨガを再開したずっと前で、一時的に肉を食べる時期もあったが、体の体調も良くなく、心が乱れる(多分、倫理的にだが)ので、きっぱりと肉喰をやめてしまった。

馬鹿のように運動をしていた頃、僕はヴィーガンという肉類を全く食べない主義で過ごした。

月に、1200キロを自転車で乗り、300キロのトレイルランニングの運動量をこなした時、僕は、そのヴィーガンだった。

これで、筋肉はしっかりと付いたし、体の体調もよかったから(ただ、運動のし過ぎで貧血ぎみだったかな?)植物だけの栄養でまったく体の機能的な問題はないと思っている。

現在は、ヨーギーの生活では、乳製品はOKらしいので、たまにチーズを摂ることもあるし、たまに卵を食べることもある。

ところで、ベジタリアンになった理由であるが、こんな風に考えている。

生きていたい、自由でありたいという要求を動物はもっているがゆえに、こちらが捕らえようとすると動物は逃げる。

動物を自分の手で捕まえ殺し解体して食べるのならば自分の行為に対する責任を取っているような気がするが、スーパーに並んだかつての動物の肉を自分の手で殺すことをせずに、それがかつて生き物だったという事実を隠蔽したパックされた形で購入することは、倫理的に無反省な行為ではないだろうか。

ああ、ここにも自然との直接性を絶たれた現代人の姿があるのだね。

想像しよう。如何に動物が断末魔の叫びを上げて殺されているのか。

雑草でさえ、引き抜かれ鎌で刈られるときにその叫びが聞こえるような気がする。

捕まえようとすれば逃げる動物を捕まえて食べることは、動物に食べてもらうために甘い実をつけるフルーツや、食べようとして捕まえても逃げはしない植物などを食べるほうが、ずっとましだと考える。

それ無しでやっていけるなら、断末魔の叫びを上げて殺される動物を食べるより、植物を食べて、この体を維持していくことは、幾分ましなのではないかと考えているのである。

ここは、丹念に考えなければならないところだが、いまのところは、そう考える。

自分の生を維持する為に、他の生物を食べなければいけないという悲しみを感じるようになったら、ヴェジタリアンに人は向かうのではないかと思う。

いろいろな反論もあるだろうけれど、僕はそう感じ、そう実践している。

それに、とても野菜は美味しいのだよ。

そんなわけで、ベジタリアンが多いインドの料理を毎週末に作って、食事を楽しんでもいるのだ。

posted by ロビオ at 10:01| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

自然に米ができるという豊かさ

農作業をやっていると、このところの曇り空、日照時間の短さが気になってくる。

それでも、稲穂が伸びて白い花が咲いていて、この花の一つ一つが米になると考えると、とても豊かな気分になる。

毎朝のように田圃に通って雑草を鎌で切り取った日々は2,3ヶ月ではあったけれど、雑草に負けず太く大きく育った稲を見ると、悦びもひとしおである。

花が咲いて一週間程度は、田圃の中に入っては行けないらしく、今週末の連休は、稲の様子を見に行く程度で済ませた。

また、稲が伸びていて、その影が地面を遮蔽しているので、雑草もそんなには元気ではなく、雑草取りもしなくても済むかもしれない。

昔から、農民の等級を上中下に分けて、雑草が生えないうちに雑草を処理するのが上農と呼ばれ、生えてから雑草取りをするのを中農といい、何にもしないのが下農というのだそうだ。

今年は、コナギが小さな十字の芽を出したところから雑草取りに通い始めたので、私たちは、中農であったのだな。幾分、下農的なこともあったのだが。

越生に住む無農薬で米作りをしている達人に、コナギという雑草のことについて聞いたら、デッキブラシでまだ生え揃わない雑草をこそぎ落とした翌年はあまり生えなかったそうである。

というわけで、来年は、田植えが終わった3日位あとで、デッキブラシで土をこすって、今年のように頻繁に雑草取りをしなくても済むようにしたいと思っている。

田圃という人工的な場所にであるがゆえに、そのまま放おって置いて稲ができると言うほど自然は甘くない。人工的な場所であるがゆえに、不自然な自然は矯めておかなければならない。

さて、どうするか?

福岡正信先生の幾つかの本を寝る前に読んでいると、なるほどそうだね、と思うことが多く、次回は、クローバの緑肥を稲の刈り入れ後に蒔いておこうかなと思っている。

今年は、安全な鶏糞を混ぜたが、来年は、このマメ科の根粒に固定された窒素を栄養素として稲を育ててみたい。

あと、稲わら、籾、米ぬかを、田圃に蒔く。土から奪った栄養素で出来上がったものは、そのまま土にお返しする。刈った雑草も、何もかも。

カエサルの物はカエサルに!奪ったものは、自然に返して、再生産ができるように手を打っておく。

福岡正信さんの本では、これだけで、栄養分は十分だとのことである。

世の中に本当に必要なものがそう多くあるわけではない。

自然という目に見えないがたしかに存在するシステム、これをタオと名付けてもいいのなら、これを発見し、そのシステムにうまく組み込むことが出来るように、自然と一体化する目を養わなければならない。

永遠と無限なタオ。こいつのパワーは半端じゃない。このエネルギーを無駄にする手はない。

福岡正信さんの名言にこんなことがある。

うろ覚えだが、「何をしなければならなかったと考えないで、何をしなくてもよかったかと真剣に考える」のだと。

このタオという素晴らしい無為自然があるにも関わらず、人間の賢しらが、自然を歪めるのだと。

ところで、この世の中、必要のない需要を作り出して、その需要を満たすために商品が作られる。

数年前に買ったアイコンジャー炊飯器が壊れたので、原始的な安価な炊飯器を買ったら、こっちのほうが断然美味しい米が炊けた。

きちんと整備された田圃に、農薬やら化成肥料やら有機肥料が必要なんだろうか?

そういう需要を生み出す田圃にしてしまったから、それらの商品が必要になってきているのではないか?

根本的に考えることをラジカルというが、こうした問いが、非常に重要なのだ、田圃で稲を作るにも、人生を豊かに生きるにも。

posted by ロビオ at 10:21| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

稲のハナガサイタヨ

IMG_20170805_045843

稲の花が咲いたよ。

3.11の地震と原発事故で、無反省にこの世界の仕掛がどんなものかを頭の隅にも置かずに生活していたことに気付かされた。

蛇口捻れば水。ガスストーブ捻れば火がつき、ボタンをプッシュすれば部屋は暖まり、涼しくなる世界。

SNSでの毎日連絡をとりあうことによって、なんとなく深い関係が築けているのではないかとの錯覚。

こちらの負担にならない程度で付き合える人間関係、例えば、サークル、クラブなどの共通の関心事に関するだけでという限定で付き合える「仲のいい友達」関係。

夜遅くまで演っているスーパーでは、電気じかけの野菜が煌々とした蛍光灯に照らされている。そうした野菜も、電気と化学肥料でできた人造物と言っていいようなものなのではないか。

すべてが、そこにあるものが如何に発生して、ここにあるのかという経過が省かれてしまって、実在感の乏しいものであるようだ。

何かをきっと、我々は失ってしまったのだ。

私達の世界を端的に捉えると、私自身と私以外の自然という関係に捉えられる。

しかし、この自然というものの対象が曖昧になってきてしまっている。

コンピュータの世界がリアルなもので、実際の手で触れることのできる世界が希薄になりつつあって、私の通勤靴に土が着くことは稀である。

自然と自己とは対象的にお互いを支え合っているような関係だから、他方が希薄になれば、他方も相対的に希薄になっていってしまう。

あるいは、自然にないものをあると確信することによって、自己もないものがあるように変容してしまうのではないか?

自然が確かにここにあると確信する実感は、生きていくうえの手応えとか、足場とかいった、基礎的な土台だ。

こうした確信に支えられて、自己はその上に立つことができる。

ところで、僕らは、無農薬で、稲を育てている。

稲を無農薬で育てるということは、色々な手作業が必要になってくるということだ。

田圃に入って、雑草と格闘するように鎌でもって切り倒し引っこ抜いたりする時、そこには、深い肉体哲学というべき倫理観が生まれるものだ。

身をもって体験するということは、知識をえるということで、知識を得るということは、記憶にあったそれを自分のものにすることだ。

国家や社会などというありもしない概念に振り回されている愚かさといものもある。

国家という自然に自己を投影すると、あたかも国家が自己であるという考えに到達してしまうのではないか?

国家など存在はしないのは、国家を逮捕監禁できないように殺すことも活かすこともできないおうに、これは、我々の概念にあるに過ぎない幻想である。

しかし、国家はないが、国土というものはある。田圃もある。

こうしたものは、リアルに存在するものだと考えていいのだろう。

こうして、自ら交わったものには、本物である威厳があるようだ。

たとえば、稲の花。

田圃で草取りを毎朝のようにやっていなければ、これは、単なる稲の花で、それ以上の意味合いはない。

しかし、こうして関わった稲の花は、僕にとっては実在する花なのだ。

実在するものは形を持つから、生きる上での基礎となっていくだろうと思うのだ。

非実在のたんなる観念に惑わされてはいけない。

そういうものを大切に、これからもやっていきたいなと思うのである。

posted by ロビオ at 15:26| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

いつもの雑草取り

今朝も、日の出とともに、田圃で雑草取り。これで、今週は、毎朝田圃に出勤したことになる。

水の張っているところは、まだ除草しやすいのだが、水面に出た土には、ヒエの類の雑草がはびこっていて、稲がヒエに同化して、どれが稲で、どれがヒエだかわからない状態だ。参った!

丁寧に、ヒエを鎌で切り取り、稲に日が当たるようにはしておいた。根から抜くのは時間がかかりすぎて無理なので、稲に太陽光線が当たるように根元から刈り取っておいた。あとは、太陽光線と、栄養分を吸い取られながらも、育つに必要十分なものを根から吸い取ってもらい、稲に頑張ってもらうしかない。僕らが、出勤前に出来るのは、これが限度だから。

それにしても、稲の成長も早いが、雑草も同様だ。

同じように無農薬で田圃をやっている友人と電話で話したら、今時、田圃の中で作業している人を、見たことないよ!といって、二人で笑った。久しぶりの屈託のない気持ちのよい笑いだった。

また、最近のお米は、米の艶と歯ごたえが良いんだが、米自体の旨味がないとのこと。米に関してはうるさい友人が言うのだからそうなんだろう。けれど、この田圃からできた米は、旨味があるのだと。

雑草に揉まれ、なかなか手助けにもやってきてくれない我らが二家族に愛想をつかして、自分でなんとかしないといけないと自分がだめになってしまうというわけで、手がかけられない分、ここの稲は毎日筋トレに励んで、マッチョな米になってくれているのかもしれない。

田圃には、雑草が生えないものというのが固定観念としてあるのですがね、無農薬でやっていると、そこらじゅう雑草が蔓延るのです。

というわけで、世の中の99.9%くらいの田圃が、おそらく、除草剤をじゃぶじゃぶつかった田圃でありましょう。

この化学農業の世の中で、無農薬で稲を育てるなんて言うのは、ひょっとすると徒労に終わるかもしれないという冒険でもありますが、こういう変わった人が世の中にいてもいいのではないかと思うのであります。

人は、経験したことしか理解することができないといいます。私達が、物事を理解しているのは、かつて前世で経験したことを思い出すようにして理解していると、インド哲学では言うのですね。

なので、経験を積めば積むほど、我々の知識は豊かになっていくはずなのでありまして、これは、来世があるとしたら、その来世の自分へのプレゼントでもあるわけですよ。

そんなことを考えていたら、田圃の監督さんが眠い目をこすりながら登場して、昨年よりもずっと分蘖もすすんでいて、今年は収穫量がいいのではないかという嬉しい事を言ってくれましたね。

来年一年分、いや、それ以上の米が備蓄できたらね、そりゃうれしいですよ。

というわけで、毎朝の田圃通いは明日も続きのであります。

その後、10キロほどトレランして、今、事務所で仕事中。事務所のクーラー壊れたので、辛いわ!

posted by ロビオ at 14:07| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

タオ・サーフィン

刈っても刈っても生えてくる田圃の雑草。

とくに、コナギという雑草なんだけれど、これだけ同じ種類の雑草が生えるというのは、環境が単一化されてるからなんでしょうね。

田圃とか畑というのは、自然というより人工的なもので、そこでは、自然のバランスが崩れている。そうであるから、かくも激しく単一の雑草だけが優勢になっているといえそうである。

ところで、除草剤の撒かれている田圃は、死んでいるかのように雑草が、生き物が、沈黙している。

これは、恐ろしい。

雑草の蔓延る田圃のも、一部その除草剤の撒かれている田圃の水が流れているところがあるが、そこには、雑草は生えない。

これは、自然云々という以前の問題で、これでは地球が滅びるのではないかと思えるのだ。

都心の事務所の近くに昼時になると、弁当屋さんが日除けパラソルを差して露店で商売している。肉をふんだんに使ったハンバーグ弁当やら唐揚げ弁当が均一価格360円で売りに出されている。

都心の梅雨時の正午は30度を超える暑さだ。

この湿気と暑さで、あっという間に、自然のものであるならば、腐らないといけない。

しかし、腐らない。大量の弁当がうず高く積まれて直射日光が当たっているものもあるのに。

食中毒を出さないためには、こうするより他に仕方がないのだろうけれど、これも、自然の営みに対抗するようなものである。

莊子に「機械あれば必ず機事あり、機事あれば必ず機心あり」というのがある。

機械を使うと機会を使った仕事が増え、そういう機会が増えると機械に頼る心が生じて自然からどんどん外れた生活になってしまうというほどの意味である。

効率性や生産性を考えた人のこのだけを考えた賢しらの技術が、世界を壊そうとしている。 政治でも経済でも教育でも農業でもそれは同じだろう。

私たちは、自然から離れて、どこまで遠くへ来てしまったのだろう?

防腐剤やら除草剤を使えば使うほど、社会はそうしたものなしで生活することは不可能になり(コンビニで24時間弁当なんて買えないだろうし、、米の値段も破格に高くなってしまうだろうし)、言い得て妙だと思うのである。

自然という流れに乗ることが一番労少なく力強く間違いがないものであるということを「老子」で知るのだけれど、いつぞや、そんな自然という波にサーフィンする姿を思い浮かべて、これが理想の生活だ!なんて夢想していたのは随分前のこと。

それには、技術もあるだろうし、自然を確知する智恵も必要だろう。しかし、その道(タオ)に従った生き方をすれば、人の賢しらな技術を超えた、本当のあらゆるものに応用できる技術が獲得できるだろう。

タオはそこらじゅうに遍満しているという。まるで、印度哲学のブラフマンのようにだ。そのタオを探し求めて、音もなく押し寄せてくる波にサーフボードで同一化し、この世の中を滑っていきたい。

そのタオの流れに棹ささず、そのまま流れていくに任せるそんなやり方もあるだろうし、これが一番合理的な方法であるはずである。

そうした農法を考えながら、今朝も、せっせと夫婦で雑草取り。

毎朝、コツコツと小一時間。

パンを焼き、老子やインド哲学を学び、Yogaをして、後先を考えないで仕事をし、瞑想する。

二項対立の相対的な世界から飛び抜けて、絶対的な世界に降り立って、そこから生じる知恵が何かを教えてくれるかもしれない。

そのための、ベンキョウも怠り無く、自然の波にのって、どこまでもサーフィンして行きたいのである。

posted by ロビオ at 10:38| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

MARUZEN

IMG_20170703_114645

池袋のジュンク堂の並びに今度は、丸善が開店するらしい。

なぜか、西武線と京浜急行の先頭車両が展示してある。交通博物館?

西武池袋には、三省堂が入っているし、これで3大書店が、額を寄せ合って、軒を並べるという図になる。

丸善と言えば、僕が愛用していた八穴の奈良コンピュータのシステムダイアリーのレフィルを唯一売っていた書店で、御茶ノ水か、日本橋の丸善までよく行ったものだった。

ここ池袋の丸善は、外見から想像するに、本屋というよりも、百貨店的なものになるのかしらん?

近所の100円ショップも閉店し、文具やさんは、ジュンク堂の2Fか、イケセイの無印かロフトまで行かなければならないので、ここにあったら非常に便利になるのだけれど。

丸善と言えば、梶井基次郎の『檸檬』ですね。これは、京都の丸善が舞台だけれど。

posted by ロビオ at 10:40| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

雑草が猛威

IMG_20170704_052221

無農薬で長年稲作りをしている田んぼには、びっしりとコナギの葉が水面出でてきている。先週は、水面下だったのに!

4時30分頃は、もう既に暗くなっている。ちょっと前にはまだ明るかったのにね。これから、どんどん朝日の出が遅くなる。

お隣の農薬を使っている田んぼは、ほとんど雑草が生えていない。

雑草が生えないのなら、こんなに楽な仕事もないだろう。

しかし、自分の食べるもの、農薬なしでやりたい。

自然との直接的に繋がる生活は、体を心を元気にさせてくれる。

農業や教育や政治を効率性の面から考えてはいけない。

それは、時間をかけて、無駄な知識だと思えるものを吸収し、そうして得た知識を様々なものと結びつけて、人生を豊かにするものでなければならないのだ。

手間ひまをかけた無農薬の野菜と、大量の農薬を使った野菜とで、味に違いはないかもしれない。

しかし、ガンディーの言うように、「善いものはカタツムリのような速さでやってくる。」

その手間隙をかけた時間の中で得られた経験、知識は、必ず、自分のものになって有益なものとしてゆっくりと還元されるはずである。

結果の問題ではないのだ。その過程に、人生のアイデアが沢山詰まっているのである。

結果だけを求めて短絡すれば、多くの過程をないがしろにする。そこに、大きな智恵があるものなのに。

しかし、雑草取りは重労働だ(が、楽しい)。

前世で撒いた種を現世で刈り取るという比喩があるけれど、まさしく、前年に撒き散らかされたコナギの種が猛威を振るって発芽している。

しかしながら、人類の文明のもっとも進んだ携帯としての稲・・・人間が過去数万年か、それ以上、品種改良を加え続けて、現在の奇形の稲ができあがったわけであるが、その稲も元気に育っておる。

人間の文明と自然がここで激しく生存競争をしているわけで、諸君!、我々は、人類を代表して、その文明の灯を絶やさないように、自然と闘っているのである!

 

(これは、名著。)

土日にまとめて長時間すれば、いずれ嫌になってしまって、無農薬の米をお金を出して買うようになった方がいいんじゃないの?なんて気もおきかねない。

そこで、早朝日の出と共に、田んぼで、小一時間を雑草取りにあてている。

これなら、嫌になるほどの労働ではないのでな。

今朝は、二日に1度焼いているパンを焼く日に当たっていたので、30分だけザクザクと鎌で雑草を刈ってきた。

裸足で、泥の中に入れば、足を土で包囲された感覚が楽しい。

30分でできる仕事量は、10平方メートルくらいだろうか?

二人で、20平方メートル。

一反が330平方メートルで、全体が600平方メートルくらい?あるから、やってもやっても終わらない感じ。

カルマヨーガ的に言えば、行為のために行為をすることが大切で、自己のカルマを刈り取るように、雑草の種を刈り取るのだ。

posted by ロビオ at 10:04| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

雑草取り

IMG_20170629_045239

今朝も、日の出と同時に田んぼの雑草取り。

この雑草は何でしょうか?

昨年、芝生のように水面を覆っていたコナギではなさそう。

調べてみたら、コナギの五葉期の姿であるようです。

鎌で根っこから切り落とすのは簡単なのだが、一度鎌を引くと水が濁って、手元の視界がまったくわからなくなるので、的確には除去できない状況だ。

水面から少しでも出ている土のところは、根っこを張った雑草がビッシリと。

なかなか大変である。

雑草を取って、ふと目を上げると、まだまだ雑草取りをしなければならない広大な田んぼが遠くの方まで見えてくる。

藻が生えているところは、たしかに、雑草は少ない。

美しいとは言えないけれど(ヘドロみたいで)、稲の生育にとってはどうなのか?

稲とアオミドロがうまく共生できれば言うことないのだが・・・

ブヨに体液を舐め舐めされてあゝ痒し。

小一時間で今日は終了。毎日少しずつコツコツと。

しかし、全然終りが見えないし、このペースだと雑草の成長に負けてしまいそう。

農作業の後の朝飯がうまい!

posted by ロビオ at 00:49| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

『満潮の時刻』 遠藤周作著

遠藤周作の『満潮の時刻』を読んだ。

先週見た映画『沈黙』の原作を見る前に2度読んだ。

実に優れた小説だと思った。遠藤周作以外に作ることのできない小説だと思った。

遠藤周作の描く基督は、汎神的で、人格的なものではなく、偏在する優しいまなざしのような存在であるかのようだ。

まさに、当初この小説につけようと思っていた題「日向の匂い」というべき、そういう存在。

『沈黙』という小説は、神の沈黙を描いたもので、どうして神は信者が危機に陥っているのに奇跡を起こさないのだという疑問がテーマだと思われている。しかし、実際は、神は、微細な世界からすべての者に語りかけており、奇跡は、苦境に晒された司祭の心のなかで起こったのであり、森羅万象が語りかけるその声を聴くことのできるものに起こりうるものなのだ。

これが、この小説のテーマでしょう。

この『満潮の時刻』という小説は、『沈黙』と同時期に並行されて執筆されたもので、同じテーマを違うアングルから書かれており、両者を読むとよりこれらの小説の理解がより深まるようだ。

遠藤周作は、文壇にデビューし、さあこれからというときに、結核が再発し、3度の命を削るような手術を経て、生還した。

この小説は、3度の結核のための肺の摘出手術のため、入院から退院までの2年を描いたもので、主人公の明石は、遠藤周作自身だと考えて良く、半私小説的なものになっている。

病室という世界から隔離された場所での生活で、人生というものを考える。

その病室という場で、ある人は死に、ある人は快癒して退院していく。

古来、傑作は、病室で生まれた。

梶井基次郎、志賀直哉の『城の崎にて」とか。

戦争からも生まれるだろう。

『野火』とか『ビルマの竪琴』とか『笹まくら』とか『桜島』とか

生活という喧騒に囲まれていると、人生について考えることはとても難しい。

しかしながら、永遠や無限なものを考えるということは人間の性であって、条件でもある。でなけれが、知性や理性が人に与えられたはずがない。

そう考えると、生活の喧騒を離れた時、あるいは、否応もなく自分が生きるか死ぬかの状況に追い込まれたときに、人は、その特質を十二分に発揮して、人生を深く考え始めるのである。

人生について考える時、その素材は今まで自分が経験してきたものを基礎とするしかない。生活にかまけて、人生の実相を貫く眼差しがかけて入るものの、経験はすべて人に何か大切なものを語りかけているのだ。

快癒するのかしないのか、そうした不安の中で、妻が買ってきてくれた九官鳥の哀しそうに見開かれた目を病室で見ていたら、少年時代に遭遇した自殺した主人の周りで前足に顎をじっと乗せたまま主人を見上げている犬の目を思い出した。そして、この目の哀しさはどこかで見たことがあると記憶を辿っていくと、かつて長崎で見た銅板でできた哀しい目をした基督の踏絵を思い出したのだった。

この小説は、この3つの目の哀しさに共通するものとは何か?、それを探し求めて、それの意味を獲得するまでの過程が描かれているのである。

俺は一寸だけこの生活の騒音のする外界に出た。するとどうだ。もう樹は単に一本の木にしか見えず、果物屋はたんに一軒の果物屋にしか見えなくなった。自分の目はこんなに弱い。それは、生活の騒音によってすぐ曇り、その汚れですぐ覆われてしまうのだ。俺の目は今、あの九官鳥の目から遥かに遠くにある。林の縁でじっとうずくまっていた犬の目ではなくなってしまった。

逆に言うと、病室という隔離された場所に閉じ込められたからこそ、こうした貴重なものを手に入れる為の手がかりを掴んだとも言える。経験は、饒舌に人生について語りかけているのだと。

人生に無駄なものは何一つない。その経験した一つ一つが高みに登るための足がかりとなるのだと。

印度哲学風に言うと、自分の本体であるプルシャに、自分の本性がそれであるということを理解させるために、自然であるプラクリティが様々にプルシャに働きかけるという風に。

退院して、検査のため、元の自分が2年間を暮らした病室に行ってみると、部屋の大きさや天井の高さが思っていたよりも随分と違う違和感を明石は覚えた。そして、屋上に登り外界を眺める。

明石はそれらを俯瞰している自分の目にあの九官鳥の眼差しを重ね合わした。九官鳥の眼差しにあの踏絵の基督の目を重ね合わした。そして今、彼の病院生活という経験の円環がやっと閉じようとするのを感じた・・・。

この現実的な世界とは別に、霊的な世界というものがあって、そこは微細な世界でなかなか人の目で見ることはできないし感じることはできない。しかし、現実的な世界の裂け目からそういう世界が溢れ出しているということに気づく人もいるだろう。それが、九官鳥の目や踏絵の基督の眼差しから垣間見ることができて、しかも、それが、自分の心の中にも存在するのだということを実感として感じ取ったということなのだろうか。

ところで、この小説には、退院して自宅まで帰る道すがら、渋谷の駅で上映中の『沈黙』という映画についての記載がある。もちろん、イングマル・ベルイマン監督の名作で、これも神の沈黙を描いた作品。幼少の頃見て、衝撃的な理知的な女性のオナニーシーンだったことだけは覚えているのだが。

遠藤周作の『沈黙』という小説は、この映画に触発されて書かれたことは間違いなさそうである。映画で描かれた「神の沈黙」に対して、いや、神は森羅万象を通じてあなたに語りかけているのだというアンチテーマとして。

posted by ロビオ at 10:37| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

沈黙−サイレンス−

マーチン・スコセッシ監督の『沈黙ーサイレンスー』を飯田橋ギンレイホールで観てきた。

冒頭、真っ暗の画面に、川の流れや蝉の声が鳴り響いて、突然に音がなくなります。そして、Silenceという映画の題名が・・・。

日本人なら、芭蕉の名句

閑さや岩にしみ入る蝉の声 芭蕉

というのを思い起こさせる仕掛けであると思った。

ちなみに、この芭蕉の名句の英語訳を調べてみると、

Deep silence, the shrill of cicadas, seeps into rocks

となっている。

ほう、そうくるか!と冒頭から感心しましたが。

遠藤周作原作の『沈黙』というタイトルは、「神の沈黙」ではなく、「神は沈黙しているのではない、語っている」という「沈黙の声」の意味を込めたの「沈黙」だったとエッセイで語っているそうである(『沈黙』の同年に連載された『満潮の時刻』の文庫本の解説より)。

キリシタンの村人たちを救うために司祭が踏絵に足をおいた時、神は語りかける。

踏むがいい。お前の足の痛さをこの私が一番良く知っている、踏むがいい。私はお前たちに踏まれるため、この世に生まれ、お前たちの痛さを分かつために十字架を背負ったのだ。

その時、司祭に何が起こったのかと言えば、

その時彼は踏絵に血と埃とで汚れた足をおろした。五本の足指は愛するものの顔の真上を覆った。この激しい悦びと感情とをキチジローに説明することはできなかった。

と、原作には書いてある。

逆説的にだが、踏絵を踏むという教会から見たら棄教とみなされる行為を行うことによって、神の本質を掴んだことになるのだろうか。

聖職者として教会から破門されている主人公は、キチジローに告解の秘蹟をおこなう。

聖職者たちはこの冒涜の行為を激しく責めるだろうが、自分は彼らを裏切ってもあの人を裏切ってはいない。今までとはもっと違った形であの人を愛している。

と確信犯的でさえある。

映画では、キチジローの裏切りにより、官に捕まる前に、川面に映る自分の顔がキリストに見えたり、上記の「踏むがいい・・」のナレーションが入る。

決して神は「沈黙」しているわけではない。

となると、ますます、この棄教した司祭は、神を愛しているはずなのに、何度でも、踏絵を踏み、自分がキリスト教徒ではないことを証明し、かつ、幕府のためにキリスト教関連の禁制品をチェックするための仕事に従事していたりする。

このあたり、神を愛していさえすれば、形式的なものなの無視してかまわないという信念に基づいているのだろうと思うのだけれど、神が常に自分とともにあるという確信があるからこそなのであろう。

「閑さや岩にしみ入る蝉の声」

芭蕉は、やかましく鳴く蝉しぐれのその彼方に、永遠に繋がる静かさを聞いたのだと思う。

沈黙の音は、誰でも聞くことの出来る音ではなく、耳を澄ますもののみに聞こえてくるものなのだ。それは、私達の心の奥底に潜んでいる。

posted by ロビオ at 12:12| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

今期2度目の雑草取り

ヨーガ、インド哲学、トレイルラン、サンスクリット語、インド料理・・・くらいが今、力を入れてやっていること。

それぞれ、同時並行的に、少しずつ前に進んでいる気がしますが、さらに、もう一つ、田んぼの雑草取り!が加わって、大忙しではあるのです。

昨年は、雑草取りをあまりせずに放置したところ、収穫量ががた落ち。残念な結果と相成ったのでありました。

今年は、まずは、しっかりと雑草取り。

無農薬の田んぼには、藻が張り、オタマジャクシが泳ぎ回り、タニシがあちこちで藻を食べている。

素晴らしいのですが、雑草も、ものすごい勢いで伸びている。

そういうわけで、早朝、出勤前の1時間を、農作業にあてることにした。

IMG_20170623_054056

だあれも、助けちゃくれないので、ひたすら雑草取り。

ヨガのおかげで、体が柔らかくなったか、変な腰のこわばりや筋肉痛も減ってきたような。

それにしても、まだまだ、水面下に双葉状態のヒエとかがたくさん蔓延っておる。

妻と二人で、小一時間。

全体の数パーセント程度が終了。

ほとんどが手つかずで、これから先が思いやられる。

ところで、藻(調べたところ アミミドロというやつらしい)がずいぶんと田んぼに生育していて、その拡大の範囲はぐんぐん増えている。

見た目汚いし、日光を遮って、水温を上げないのが、稲の分蘖を阻害するなどの理由で、農薬で駆除する対象にもなっているという。

しかしながら、いろいろな微生物を成育させる環境を提供してくれているような気がするし、タニシは喜ぶだろうし、水に酸素を溶け込ませて、いろいろな酵素を分解してくれるかもしれない。

また、藻に覆われれば、今年の田んぼの敵となるであろうコナギもその葉を水の外に出すことはできないかもしれない。

稲の生育にとって、この藻は、吉とでるか凶と出るか?

しばらく、様子を見守りたいと思う。

人手だけでは、とうてい追いつきそうもない雑草取りですが、自然の力を借りながら、秋の収穫を楽しみにするとしましょう。

posted by ロビオ at 09:35| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

スモーク 、イン ザ スープ 、マギーズプラン、 はじまりへの旅

『スモーク』という映画は、大昔にヴィデオで見て、とてもいい印象を持っていた。

ハーヴェイ・カイテル、ウイリアム・ハートは、その頃飛ぶ鳥を落とす勢いだったし、なんといっても、製作、脚本がポール・オースター。見ない手はない。

というわけで、早稲田松竹で鑑賞。

1度目に見たときのほうがよかったのは、何故かしらん。

ウィリアム・ハートは、銀行強盗に妊娠中の妻を亡くしてしまう。

ハーヴェイ・カイテルは、かつての女に子供がいたことを知る。

ウィリアム・ハートは、車に轢かれるところを危うく助けてもらった黒人の男の子と共同生活を始めるが、その男の子は、蒸発した父親を探している。

三者の親子関係が縦の軸で、この三者が横の線。この関係性が物語を動かす。

少年は、ウィリアム・ハートの命を助け、ウィリアム・ハートは、少年を友人であるハーヴェイ・カイテルのところで働くように斡旋し、少年の失敗により、ハーヴェイ・カイテルが禁制品の葉巻の儲けを台無しにされたのを、少年が犯罪から得た金で償い、その金で、かつての女と娘を助け、ハーヴェイとウイリアム・ハートは、少年と父親との関係回復を手助けし、ハーヴェイは、書けなかった作家であるウイリアム・ハートにとっておきのクリスマスの話のネタをプレゼントする。

この三者がそれぞれに、プレゼントを与えっこをして、話が終わるという文学的な作品である。

ま、こんな心温まる話が、ニューヨークにあるはずはない。しかし、ありそうだと思わせるのが、上手な嘘。

最後の、ハーヴェイ・カイテルの「作り話」は、ポール・オースターの小説の作法に通じるのかもしれない。

併映は、スティーブ・ブシェミ主演の『イン・ザ・スープ』。

印度哲学の勉強会の合間に見たのと、朝、10キロトレイルを走ったので、最初の20分位完全に寝てしまった・・・

ジェニファー・ビールスいいですね。笑うと犬歯あたりの歯茎も見えて、笑ったチワワみたいに思えました。

とても、綺麗なのですが。

翌日は、ギンレイホールで、『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』と『はじまりへの旅』の日本。

早朝、田で雑草取りをやった跡で映画を見たので、『マギーズプラン』の方は、ちょっと集中力が続かない感じで、見ておりました。

イーサン・ホークの出る映画で、面白かったのは・・・『ガタカ』くらい、あと、『今を生きる』はいい映画だった、あのシェークスピア劇やる少年が嫌だったけれど、それに出ていた?ということで、調べてみたら、ああ、あの、「オーキャプテン」とリンカーンのことを詠んだホイットマンの詩を口ずさみながら最初に勉強机の上に土足で立ち上がる少年だったのか。。。。

この間見た、『ブルーに生まれついて』も、イマイチな気がしたので。

『ジュリアン・ムーア』も嫌いな女優ではないけれど、年を取ったか腰が落ちちゃって、歩く姿がおばあさんっぽかったかな。

というわけで、特別な感慨なし。

子供が欲しいだけで、結婚生活はいらない、という女の人は多いのだろうか?

複雑そうな三角関係ではあるのだが、主人公は、

 

 

『はじまりへの旅』は、文明を否定し、山の中で野生動物の猟をしながら暮らしている元ヒッピーの家族の話。

最初は、これは、やりすぎだよ・・・と、この家族に距離を置き始めて、いわゆる物質的なものを楽しみ、隣の人がやるようなことを自分もすることを推奨されるような社会に埋没していく生活の倫理というものがいいのではないかと思わせるあたりが、監督のうまい所で、そこからのどんでん返しが、胸のつかえを一気に吹き飛ばしてくれるいい映画ではありました。

一家の家長として、父権的な独裁者を演じていた父が、自分の非を認め、息子たちの人格を認めたときに、取り巻く世界が変わっていく。子どもたちも父親をリーダーとしてではなく、傷つく同じ家族の一員であると認めながら。

父は、髭をそり、息子は長髪を切る。

子は、父親を超え、父親は、子にすべてを信頼して彼らの未来を託す。

ラスト、この親子は、ヒッピー生活を行っているものの、山の中の狩猟生活ではなく、どうやら、農業のような生活を始めている模様。角々しい生活が丸くなって、穏やかに子どもたちも父親もなっているのが良かったですね。

posted by ロビオ at 15:50| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

カルマ・ヨーガ

国民の代表が、国民の不利益になることばかりを決めている。

国会が政府の悪事を隠す手助けをしている。

また、その政府を国民が支持していると言う。国民が支持している限り、この地獄は続く。

いつかかならずこのツケを、国民は、払うことになるのだろう。

いい気味だといいたいところだが、私もその国民であるので、そのツケを払わないといけない。困ったことである。

立憲主義も民主主義も根付かないこの極東の地、日本。

最初から、この国に民主主義などなかったのかもしれない。

ところで、ヴィヴェカーナンダによれば、この世の善と悪はコインの裏表のように分離不可能なものになっている。

悪がはびこれば、善もまたどこかには存在している。

同様に、悪を滅ぼすことはできない。善も滅ぼすことはできない。

そんな絶妙なバランスのうちに善と悪の量は均衡しているのである。

嫌なことがあれば、いいことだって必ず起こるだろう。

何が善で何が悪か、なんて、神様しかわからない。ただ、その目に見えぬ秤でもって世界は維持されている。

そんなふうに考えて、どこかで良いこともきっと起こりうるだとうと思いつつ、少なくても「自分さえ善ければ」とまず、自分が正しいと善いと思うことをやっていこう。

インド哲学を勉強していると、この世にカルマを残さない生き方、カルマヨーガというのがある。

インドの伝統的な修行者は、出家をして、行方不明になる必要がある。それを出家と言う。

しかし、そうでない人には、修行はできないかというとそうではなく、只ひたすらに、自分の仕事をその結果や報酬や影響を考えず、没頭するというもので、これをカルマ・ヨーガと言う。仕事と隙間なく一体化して、我を滅却して打ち込むのだ。そうすることによって、業というカルマを来世に残さない。

大変難しいことではあるのだけれど、これは、素晴らしいアイデアで、『バガヴァット・ギーター』を読んで、一番感銘したことでもある。

仕事で、つい、この仕事が自分に与える影響なんかを考える。失敗したら自分のプライドが傷つくなとか、報酬を目当てにいやいや仕事をしたり、仕事をして喜ばれたら嬉しく思ったり、喜ばれなかったら気分を害したり、普通の事をやっているのに、なんでここまで言われなければならないんだろうと思ったり。

そうしたことにがんじがらめになって、仕事が手につかないということも経験する。

そうではなくて、この仕事をこなすこと、行為の結果を考えずに仕事に没頭することが修行につながる道、幸せになるためのトレーニングなのだと考えれば、辛いインターバルトレーニングをするように、仕事に違った視点で勤しむことが可能になるのではないか?

たしかに、こうして仕事をすれば、報酬などのインセンティブを考えずに仕事をするので、妙なプレッシャーも考えずに集中力は増すし、仕事をしていて知らぬ間に誰もが到達できないような地点に知らぬ間に到達していたということも、きっとあるだろう。

そのうち、自分の仕事の上に、あぐらをかいて、悠々と過ごしている自分を想像してみる。仕事に巻き込まれていた自分が、仕事を自分に巻き込んでいるという風に、考えられなくもないではないか。

仕事を、自分の成長のための教材として使うこと。そこに、未練や後悔や傲慢や満足や達成感など、一切の積極的な感情や消極的な感情も何も残さないこと。

同じように、トレイルランニングでも、梅雨のぬかるんだ土に足跡を残さないような走り方が理想なのではないか。猫のように音を立てず、地面のゾウムシを足音で驚かさず、水の上をさえ走れるような、そんな走り方を目指している。

走って、大汗をかいて、シャワーを浴びて、自家製のパンと自家製の味噌から作ったスープ、豆乳ヨーグルトを食べれば、少しは気分も良くなった。

この世界は、自分の修業の場であると。この世界のすべての出来事は、この訓練のために提出された課題である。そんなふうに考えて、修行していこう。

実生活も、トレイルも、幸せになるためのトレーニングなのである。

posted by ロビオ at 11:45| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

トレラン 本格的に再開!?

1959年2月3日。飛行機事故で、バディ・ホリーとリッチー・ヴァレンスが死んだ。

その日のことに触れたドン・マクリーンの『アメリカンパイ』という曲で、その日を「音楽が死んだ日」と歌っている。僕はまだ生まれていなかったけれど、iPod shuffleでこの歌を聞きながら山を走れば、偉大なるロックンローラーが死んでしまったその日のことを追体験できるような気がする。

音楽が死んだ日。

可哀想なウェイロン・ジェニングス。同じクリケットの一員としてバディ・ホリーと道中をともにしていたのだが、この日、バスで移動することになった。バディ・ホリーに、「バスでのろのろついてこい」とからかわれて、冗談で返した言葉「飛行機で墜落しちゃえ」。この会話にその後苦しめられることになってしまった。

ヨガスートラでは、「正直」の行を行うと、言ったことが実現すると言う。きっと、ウェイロン・ジェニングスは、正直者だったのだろう。

ジョージ・ルーカスの『アメリカン・グラフィティ』でも、「バディ・ホリーが死んでロックンロールは終わった」なんていうセリフがあったけ。

どっちが先かと言えば、アメリカンパイが1971年、アメリカン・グラフィティが1973年だから、ジョージ・ルーカスが引用したことになるのか。

まあ、とにかく、早朝のトレイルランが出来るお陰で、こうした機会でないと(ジョギングということだが)古い懐メロロックは聞かないから、貴重な音楽鑑賞時間となります。

先日、10キロばかり、スイスイと力を込めて走ったのはいいものの、脱水症なのか、頭が酷く痛くなり、1日を苦痛で過ごしたから、今日から、ちゃんと心拍計をつけて、マフェトン心拍域(130)以上上がったら歩くように、アラームをセットして慎重に走ったのでした。ボトルも片手に手放せません。

走る前日の夜は、iPod shuffleにどんな曲を入れようかしらんと、アイチューンを弄って、曲を入れるのに、30分は費やしているのだが、これがやめられない。

もう耳にタコが出来るほど聞いたと思えるロッド・スチュワートの「マギーメイ」なんて、普通は入れないのだけれど、今朝これ聞いたら、感動した。ロン・ウッドでしょうか、ベースは。ザ・バンドの「ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク」みたいに、わざとしょぼいスタジオで録音している風が素敵でした。

サムアンドデイブの「ソウル・マン」は、ブッカーTとMGsの演奏に痺れ、足をXに交差させて踊りながら走るしあわせよ。早朝だから人がいないから走り、かつ踊れる。楽しい。

ときに、この間見たゴダールの映画『離ればなれに』の中のマジソンダンスを取り入れたりして。

とにかく、懐メロロックを聞きながら走るのは楽しい。それも、マフェトン心拍域で歌が歌えるくらいの低出力で走るのがとても、心地よいのでありました。

posted by ロビオ at 17:09| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

村上春樹訳の『フラニーとズーイ』

サリンジャーの村上春樹訳の『フラニーとズーイ』を読んでみた(野崎孝訳は『フラニーとゾーイ』)

そしたら、シャンカラ、ラーマクリシュナやら、バガヴァッド・ギーターとか印度哲学のスター選手、聖典の名が現れてきて、こういう小説だったんだと、思いを新たにした次第でありました。

高校時代に、『ライ麦畑でつかまえて』に感動して、次に読んだのがこの本だったはず。少なくとも、印度哲学の基礎がわからないと、内容を把捉することが難しいような気がするので、10代でこれを読んだときには、この内容について何もわからなかっただろうと、今になって思う。退屈して、全部読み終えなかったような気もする。

この本は、フラニーとズーイという二つの中編が合わさった長編小説ではあるのだが、この中で、ズーイの部分がやや難解で、それは、このグラス家の思想の拠り所が、通常人とはかなり違っており、この違った地平から放たれる言葉であるからだと推察する。

とはいうものの、魅力的なグラース家の兄弟の登場がなにやら嬉しくなってしまう。

『ナイン・ストーリーズ』というサリンジャーの短編集の中で、『バナナフィッシュにうってつけの日』でこみかみを撃ち抜いて自殺した長兄シーモアは、ここでも、大きな役割を果たしている。『コネティカットのひょこひょこおじさん』には双子の兄弟。『バディ』っていうのがあったっけ、それは、次兄バディの幼少期の話。グラース家の面々がこの短編でも活躍中。その他、『シーモア序章』とか『ハプワース16,1924』という作品でも、グラース家の記録が永遠保管されている。

なんだか、さっぱり的を得ない感じで、『ライ麦』以外を読み飛ばしたが、イン哲を学んだ後だと、また違った趣が出て、今月は、サリンジャー全部読んでしまおうと思う。

この『フラニーとゾーイ』の中で、印度哲学の学習者にとっては、あっ、これは、バガヴァット・ギーターの「カルマ・ヨーガ」のことだよね!、これって、平等のヨーガだよね、とか、インド哲学を齧っている人には、一見謎めいたゾーイの言葉の深い意味がわかったりするので楽しい。

サリンジャーは、東洋思想に傾倒していったらしいけれど、その中で、印度哲学のアイデアを、グラース家の面々に当てはめて、小説というファンタジーの世界を作り上げたと言っていいのではないか。僕も時々、印度哲学のことを夢想すると、あんなこともこんなことも、みんなつながっているんだよね、と、不思議に心が高揚することがある。

印度哲学が説く真実というものは、我々が真実だと思っていることの正反対であって、こうしたことを話しても、その意味内容は普通は通じないわけで、周りを見れば、人生の真実に気づいていない俗物ばっかと、グレてしまうフラニーの気持ちは少しは分かる。

例によって線を引きながら本を読んでいたら、至る所に線が引かれているので、この本は、現在の自分にとって、かなり重要な小説なのだなと思う。

最後の大団円に向かって、ゾーイとフラニーが突き進む最後の数ページは手に汗握る感じがある。

自殺したシーモアの残した「太ったオバサンのために靴を磨く事」って、深く考えると、バクティ・ヨーガっていう感じがしないでもない。結局、太ったオバサンというのはキリストだったり、クリシュナだったりする。一見無意味なことかもしれないが、こうした小さな自意識を超えたサクリファイスが、究極のところ彼岸に至る道なのかも。

こんな難しい会話をしているのに、最後は、パシッと話を決めてしまうところが、うまいなあ、読ませてしまうなあと感嘆したのでありました。

何十年前か読んだときは縁がなかったが、時を経て、僕にとっては大切な小説になった。
posted by ロビオ at 14:26| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

嫌われる勇気

ちょっと前に再読した「嫌われる勇気」の最後の数ページは、今を生きること、その場でダンスを踊り続けること、円が閉じるように螺旋状に自己充実しながらも成長していくこと等々、私の中で共感の嵐が吹き荒れて実に充足した読書体験でした。

 
目的的に人生を生きるのではなく、今ここでの瞬間瞬間を充足して生きることによって、知らぬ間に誰も到達できない場所に立ってる自分にふと気づくということは、よく体験することだけれど、この本に背中を押されて、このまま自分の道を切り開いていこうという気分にさせてくれました。
目的を達成するであろう未来は、まだ存在しないし、刻々と瞬時に霧消する過去はすでに失われてしまっている。たった、この今ここというこの瞬間に生は存在するのだから、その瞬間瞬間を味わい抜くことが大切だということです。

20年で生を終えた者も、80まで生きた者も、その生きたという充足は同じであるというようなことが書かれていました。

これは、ローマの皇帝マルクス・アウレリウスが自省録の中で「たとえ、君が三千年生きるとしても、 いや三万年生きるとしても、 記憶すべきは何人も現在生きている生涯以外の何物をも失うことはないということ、 また何人も今失おうとしている生涯以外の何物をも生きることはない、ということである。

従って、最も長い一生も最も短い一生と同じ事になる。 なぜなら現在は万人にとって同じ物であり、故に失われるときは瞬時に過ぎぬように見える。何人も過去や未来を失うことはできない。 自分の持っていないものをどうして奪われることがあり得ようか。 」と書かれていることと同じで、本当に、そうだと思います。

また、いきなりダンスを踊り続けるということが書かれていて驚きましたが、たぶん、これは、村上春樹の『ダンス・ダンス・ダンス』の中で羊男が言う台詞、「踊るんだよ、音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。おいらの言っていることはわかるかい?踊るんだ。踊り続けるんだ何故踊るかなんて考えちゃいけない。意味なんてことは考えちゃいけない。意味なんてもともとないんだ。」 ということに触発されて著者が書いたのかもしれません。

人生は無意味であり、その人生に意味を与えるのはあなた自身であるというのも至極もっともなこと。『ダンス・ダンス・ダンス』の羊男の助言に従って、今ここでダンスを踊り続けよう。

posted by ロビオ at 12:50| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

大江健三郎月間 大江健三郎月間

大江健三郎が素晴らしくて、ガンガン読み進められる予感。いままで感じていた共感を一気に冷めさせるような生理的に嫌な表現が突然出てきて、調子が狂うことが多いのだけれど。
これも、意図された表現なんだろう。
数10年前に大学の図書館で『同時代ゲーム』を最初の10ページ位で放り投げだした記憶もあるけれど、今なら、読了できるかしら?
『万延元年のフットボール』『個人的な体験』は、今まで読んできた小説の中でもとても感動した小説ではあったものの、他のすべての小説を読みきりたいとは思うまでには至らなかった。寓話的で、核時代の黙示録的なのが、どうも苦手で。ノーベル賞受賞作家というのも鬱陶しかったし。
同じような作家に安部公房がいて、『砂の女』は、何度読んだかわからないけれど、その他の小説にはあまり熱くなれない。古井由吉もそう。小島信夫もそう。
村上春樹、遠藤周作の主だった作品を一月二月かけて読んでみて、毎回同じことを同じように品を変え形を変えて物語っているわけで、その人の本を集中的に読むと、理解力は進むし、こちらの意識が広がるような気がするのは、読書の醍醐味の一つではあります。
50過ぎたら、広く浅くよりも、狭く深く井戸を掘って、水脈を探してみるほうがいいのかもね。そのための勘を今まで養ってきたのだから。さて、8月もバシバシ行きましょう。
町田康は、怖いもの見たさで、今日、文庫を1冊買ってみた。文学全集の宇治拾遺物語の訳が素晴らしかったので。

posted by ロビオ at 16:15| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

遠藤周作『侍』

遠藤周作の『侍』は、ヘビー級の重い後味を残した小説でした。いろいろと考えさせられました。小説じゃなければ、書けないテーマで、物語と自身が一体化することで、重い体験を得ることが出来ます。
自身や家族単位では仏教を、小さな共同体や日々の習俗では神道を、クリスマスを祝って、現世利益を頼みに神仏にお金をその対価として賽銭箱に投げ入れるなんて、神を神とも思わない暴挙だと思うのですが、そんな無茶苦茶な宗教的日本の状況は、その精神生活を良くも悪しくも軽いものにさせてますね。その場その場の都合で、宗教さえ、あちこちのものを継ぎ接ぎで利用するというわけです。
この小説は、17世紀のお話ですが、封建的領主関係、家制度が崩壊し、年功序列型の会社組織も影を潜め、核家族を通り越して、お一人様が主役になりつつあるこの社会、もう、自由すぎて、その重みに絶えられず行き場を失っているというのが、今日の政治的状況でしょうか?
行きが詰まりそうなのが、世間的に恥をかかなければなにをやっても許してしまう自分、だから、3.11の経験だって無反省。絶対的なものとの対話をしないための思考力の弱さが、老若男女皆子供から大人になれない世界を形作っていることが、よくわかりました。
今月は、遠藤周作月間なので、軽めの幾つかの小説も読みましたが、『海と毒薬』『キリストの誕生』『イエスの生涯』『留学』『侍』『沈黙』は、ためになりましたよ。
posted by ロビオ at 11:27| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

虚空遍歴 上・下 山本周五郎著

『虚空遍歴』を読んでみた。

敬愛する松岡正剛の「千夜千冊」にも選ばれているから期待して読んだが、全然感情移入できず。

映画で言えば、ロードムービー。

江戸、大阪、金沢の旅の中で物語が進行する。

一言で結論を言えば、人はいくら努力しても未完のまま終わる、ということ。

そうだね、どんな偉い人でも、未完でおわる。ガンジーしかり、キリストしかり、夏目漱石しかり。

悲しいね、寂しいね。

読後感はそんな感じ。

人生50年も生きていると、ちょっと主人公の言葉が青臭く感じられる。

高校生くらいなら、ひょっとして、のめり込むように物語の中に入っていけたかも。

posted by ロビオ at 06:09| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする