2007年07月13日

クリートは、赤のシマノじゃなきゃ駄目なんだ。

「今日の天気は、曇り。午後から雨が降り出すでしょう。明日は、雨。 雨風の強まるピークは日曜日になるでしょう。」今日の天気予報。「明日は、雨」って、言い切っているぞ。台風なんか、 私のいるところに、来るんじゃない。

3連休、家にいろってか?駄目。散歩に連れて行かない大型犬のように、心身に悪影響が出るぞ!!!何して、遊ぼ。困ったなあ。 雨の日頼みの文芸座は、「追悼植木等。クレージーキャッツ特集」だしな、ちょっと、イマイチ。

というわけで、幸い、今朝は雨が降っていないので、METのストラディバリウスUをかぶって、SIDI-MEGA履いて、 気分も新たに、ロードバイクに跨る。あれ、緩いぞ。靴。やっぱり緩い。足が中で泳ぐぞ。困った。でも、許容範囲かな。しばらく、 履いてみよう。

でだ、クリートなんだが、いつもは、シマノの赤いクリートを愛用している。遊びのないタイプ。固定式。この新しい靴には、 どうしようかなと思ったのだが、気分次第で黄色い可変式のクリートを買って、取り付けてみた。ネジは、 10ミリの長いタイプじゃないと駄目なので、それも一緒に購入したのさ。

結果、よく動く。つるつるつるつる足がSPDの中を動く。これって、足に優しいのかもしれないが、 固定で1ミリたりとも動かないタイプを愛用した後に、これを履くと、気持ちが悪いほどよく動くのです。これが、TIMEになると、 左右にも動くらしいし、動く角度が大きいらしい。ちょっと、固定式になれてしまうと、こういうの、駄目ですね。クランクに足がぶつかるもん。

緩い靴と相まって、くねくね動くクリートのダブル攻撃で、なんとも、勝手が違う。でも、こういう刺激って大切なんだ。 普段のクリートの大切さがわかるからね。テキトーに取り付けたクリートの位置も、OKみたいだ。赤い「動かずのクリート」よりも、 位置がシビアじゃないかもな。まあ、これは、赤いクリートに交換だな。気持ち悪いもん。

というわけで、昨日シンデレラの靴のように、喧伝したSIDI-MEGAですが、ワンサイズ小さいヤツで好いみたいです。まだ、 足に馴染んでいないからかもしれないが、とても、ATTACK!299に履いていける代物ではなさそうで、残念。もう少し、 履き込むとしよう。

そんなわけで、朝トレ。コースは、クリーンセンター坂>小沢峠>名栗>名郷の往復。総距離52キロ。これって、 飯能から池袋の直線距離くらいかしらん。時々、馬鹿なことやっているな、と思わないでもないのだが。往復がよろし。道に迷わないからな。

クリセン坂は、38−17くらいで、ケイデンスは、70くらい。スピードは、20キロ強?合っているかな。そんなところ。3日休んで、 体が軽い軽い。多分、藻掻いて気持ちよくダッシュ出来たと思う。ということは、Attack!299の直前3日は、休んだ方がいいな。 そういえば、昨年のAttack!299の前日、止せばいいのに、トレイルランをして、足が軽い筋肉痛。やはり、そのダメージは、 大きかったと思う。今年は、直前3日は、何もしないようにしよう。

下って、コソギ周回路に入って小沢峠に向かう。38−19,23って言うところで、ケイデンスを90を確保。スピードは、 24キロからきついところで21キロくらいに落ち込むスピードで、おっちらと漕ぐ。結構、ケイデンス90を確保するのは、疲れるデ。 体が軽いと、クリセン坂の時には、思ったけれど、それも、ここらあたりまで。いつもと変わらず、結構しんどい。 左に曲がるとトンネルあたりでは、かなりの疲労困憊。小沢峠アタックに向かって、呼吸を整える。

いつものように小沢峠では、交通標識のところまでは、30−23でケイデンス70をキープしてゆっくりと。過ぎてからは、 80を目指して、ダンシングも交えて頑張る。最後の太鼓橋のように疲れた体には思える膨らみのところでは、 ケイデンス90で通過するように藻掻いて、本日最高心拍175。今日は、割と心拍が上がるみたいだ。ああ、疲れた。

下りは、路面がつるつるなので、安全なギリギリのスピードまで落として下るものの、アカメガシワの花か、 その花だか花粉だかが落ちている妙に滑り易いところで、車体をまっすぐにして、急ブレーキの練習をするという遊びをしてみたら、 キュルルという嫌な音を立てて、後輪が滑ったよ。まっすぐに車体がある限り、滑ってもたいした事故にはならないということを、再認識。

MTBでも、これは、使えるぜ。つるつるコーナーで、リーンインで車体を立てて、ブレーキをかけたら、どうだろう。特に、 まっすぐ走らないと確実に滑る箇所で、進路変更する際に有効では無かろうか。こんど、やってみよう。

というわけで、極楽とは言えないけれど、そこそこ攻めて、小沢峠を下りて、名郷へ向かう。

最初の橋は、30−19でケイデンス90以上をキープ。ほぼ、心拍計とにらめっこ。次の右カーブから、アウターに入れて、 猛烈ダッシュで、水飲み場まで。今日は、34.5キロで通過。心拍は、今日最高の175。なかなか、この練習は、ゲームのようで楽しいです。 前回は、35キロ。ちょっと、物足りないか。

下って、小沢峠を登り返す。なんか、足が回らない。いつもより辛いみたい。心拍も165を超えたりして、 ゆっくり登っているにもかかわらず、調子は、イマイチ。でも、腰踏みと言うんですか、これをマスターしたみたいで、 低ケイデンスぎみになるけれど、心拍を落として落ち着くための走りとしては、最良の走りかも。上半身で、引いたり押したりすると、 スピードは出るけれど、心拍は、ガンガン上がってしまう。目指すは、ゆっくりと何処までも楽にそして、 最終的には速い走りを身につけたい私としては、いろいろと考えてしまう。

思うんだけど、私の理想の走りとは、巨大エンジンを積んだV8エンジンを積んだアメリカ車みたいなもので、普段は、 その力の10分の1も使わずに省エネ走行。エンジンの音も聞こえず、ゆっくりと走ります。が、遊びたいときには、 タイヤを焼き付けながらレッドゾーンまで踏み込んで何処までも加速していく種類の走り。そんな走りを身につけたいなあ。そんな力が付いたら、 凄いぞっ。まあ、無理だが、理想はね。そのためには、やはり、練習しかないね。

今日は、いつもより15分遅れの出発だったので、トンネルの先からは、トラック渋滞に巻き込まれ、鬱。広くなったあたりで、 ペダリングを止めて、手を挙げて、前に行くように指示すると、車間を開けて抜いていってくれるので、こんな時は、 手でコミュニケーションすると、こちらも安全に道を走れるというものさ。

クリセン坂は、アウタートップ、ケイデンス30くらいでよろめきながらの、筋トレ。引き足、揚げ足、押し込み足、すべて、 最大の力を加えないと前に進めません。馬鹿なことやっているなと思いながらも、下って、今日は終わり。

牛乳にプロテインを混ぜて、飲み干してシャワーを浴びたら、今日1日が終わった気がして、なんとも、素晴らしい1日の始まりだよ。 ああ、きょうも、仕事かい。3日間、雨みたいだぞ。雨の間をすり抜けながら、朝トレくらいしか、無理そうだ。少しばかりの雨なら、 山の中を走ろう。

 

posted by ロビオ at 10:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕は黄色だなぁ〜。
深く考えたことがない・・・
Posted by karupapa at 2007年07月13日 21:15
明日は何して過ごしますか?
月曜くらいは
晴れてほしいですねぇ〜
Posted by いずみ at 2007年07月14日 21:22
>Karupapaさん
赤も使ってみて。最初は両者の違いが分からないかもしれないけれど、赤をしばらく使ってから、黄を使うと、無茶苦茶違和感があります。俺って、違いの分かる男になってきたのかなあ。
>いずみちゃん
雨は、憂鬱ですね。予定通り、お墓参り(東京のお盆は何故か1ヶ月早い)に行って、雨の様子で神楽坂のフランスクレープ屋に行って遊んでくるつもりです。
月曜日は、快晴みたいです。白石峠登るぞ!
Posted by ロビオ at 2007年07月15日 06:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47683807
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック