2007年07月04日

5ミリの違いのわかる男になりたい

今日は、朝から、見事な雨。休養日に当てる。しかし、昨日走ったのに、あんまり足の筋肉が張っていないのは、筋力が付いたのか、 あるいは、昨日がんばれなかったのか、あるいは、そのどちらかななのかの3つの内の一つの理由によるものだと思う。多分、 3番目の理由だと思っている。

しかし、1日休むと3日分前に戻って、1週間休むと2週間前に戻って、1ヶ月休むとただの人・・・。というのは、 当たっていると思うよ。ケチな私は、だから、朝トレをして、体力を維持するのだ。というのは、表向きの理由で、やはり、 朝一番トレイルランでも、自転車でも運動すると気持ちがよい。楽しいのだ。まあ、それが一番の朝トレを続ける理由だろうな。

話は変わって、最近、5ミリ単位のポジションに敏感になっているふりをしている自分に驚くのだ。サドルしかり、ステムの距離しかり。 最近、ロードのクランクの長さが170ミリだと思いこんでいたのが、167.5ミリであることを、クランクの細かい文字を、 最近とみに細かな文字が見えないので、眼鏡を外して目を細めて近づいたり遠ざけたりして、やっと判読したのだ。 あたしの身長が170センチだから、一般に言われている適正なクランクの長さは、170ミリのはずらしい。2.5ミリ足りない。なんか、 気になる。

ところで、MTBのクランクは、揃いで買った自転車に附属していたものだが、これが、175ミリ。 適正と言われているサイズより5ミリ長い。これも、なんか気になる。

従って、ロードとMTBのクランクの長さの差は、7.5ミリもあるのだ。こうなると、非常に気になってくる。

実際、MTBのクランクは、ボントレガーのどうでも好いような格好の悪いクランクなので、買った瞬間に、 これは換えようと思っていたのだ。特に真ん中の輪っかは、石でも当たったのか、かなりゆがんでいるので、これは、新型のXTが発売されたら (XTRは格好が悪いというのが、私の偏見だ。趣味には、偏見が必要だというのが、私の意見である)、すぐにでも、交換する予定。ちなみに、 クランクの長さは、170ミリにしようと思っている。

ロードが悩みの種。何しろ、DURA-ACEのトリプルクランクは、値段も張るしのお。いままで、慣れて来ちゃっているし、 一度いいものを使っちゃうと、なかなかグレードを下げるのも、なんだかなあという感じ。まあ、MTBで劇的にペダリングが楽になったら、 ぼちぼち考えようか。でも、慣れると新型の製材所のノコギリ型のDURA-ACEも、かっこよく思えてくるな。ちなみに、 私の現在のトリプルクランクは、旧DURA-ACEのもの。雰囲気的に、新しいDURA-ACEも近々発売されるようなので、 それからでも遅くないか。

それから、ロードで言えば、ステムの長さが少々長いんじゃないかと思えてきた。あと、5ミリ短いと気持ちよくブレーキの上 (ここの場所なんと呼ぶのかど忘れ)に手を置ける。そこから、やや手前のドロップハンドルの背の部分が、一番姿勢が楽なのだ。 店長に相談してみよう。これも、交換してみるかな。

あと、MTBのハンドルの長さだ。もう少し長いと、車体をねじり倒しこむときのトルクがかかりそうだ。あとこれも、1センチ長いと、 少なくとも下りでの楽しさは増す感じ。

というわけで、最近5ミリ単位にこだわる私ではありました(ふりしているだけ)。

 

 

 

posted by ロビオ at 10:09| Comment(7) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちはぁ〜

私なんか、ブルベの最中に
サドルを下げられても
まったく気がつかなかったんです!
ゴール後、色々言われました。。。。
鈍感すぎるって。。。
疲れたらわからないですよねぇ〜〜
Posted by いずみ at 2007年07月04日 12:43
僕も、有名なポジション不感症。1センチ下げても、これはこれでよく、1センチ上げても、これはこれで素晴らしいと感じてしまうのですよ。
でも、最近、ちょっとずつ、判ってきたかなあという気がしてきています。なんとなくね。
Posted by ロビオ at 2007年07月04日 13:42
あはは、(やはり)みんなそうだったのね!
僕も、わかったフリして六角レンチ握り締めてるけど、わりと不感症です。
毎回乗るたびに自分の体調が違うから、自転車に体を合わせばいいよねー
って感じで、気楽に考えてます。
でも、"ここを→こういじると→こうなる"ってことが、ロジカルに理解できるといいでしょ。
だから、チョコチョコいじってます。原因と結果の関係やね。
Posted by masaki at 2007年07月04日 15:04
それ以前の問題で、六角レンチを握って、微調整している姿って、外科医がメスを握っているみたいで、格好いい!!!
私の場合、サドルの高さは、2センチくらいまでなら、十分許容範囲。
みんな、本当は、そうなんじゃないかなあ。
だから、ブログで書いてみた。
心当たりのある人は、コメントくださいな。
Posted by ロビオ at 2007年07月04日 15:29
5mmの違いは大きいですよ!
Neo-Cot、たまにシートポストが下がってる時あるんだけれど(これはこれで問題)、3mmぐらい変わると (?_? って感じで違和感ありです。
クランクもY5は170mm、Neo-Cotは165mmなので回しやすさを感じます。
仕事柄、精密機器だからかな〜(^^;
Posted by matuoka at 2007年07月04日 17:16
ロードで状態のいい路面で走っていると、5mmの差でも分かり易いですよ。
自分はローラーだとスグに分かります。
だんだん膝に違和感出てきますよ。
でもMTBで山の中に入っちゃうと分かり難いかも?
MTBでも登りとかアスファルトで丁寧なペダリングをしようとすると気がつくでしょうけど。
Posted by yasu at 2007年07月04日 19:15
そうか、ベテランの方は、結構敏感に感じているのが分かりました。クランクで5ミリの差で回しやすさを感じますか?考えちゃうな。
最近ロードでは、平地を走っていないから、わかりずらいのかも。
でも、体力が付けば、ポジショニングも徐々に変わっていくはずであるし・・・。
難しいですね。
Posted by ロビオ at 2007年07月04日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック