2017年07月08日

草むしり

IMG_20170708_082136暑い日が続きます。今朝も田圃で草むしり。

IMG_20170708_082119泥だらけの私の足に田螺を乗せてみました。

というわけで、草むしり。毎日30度を越す太陽光線を浴びて、順調に稲穂は育っておるのですが、雑草も獰猛に育っておるので、草むしりをしないといけません。

ここに来る水田を除いてみれば、雑草もなく、稲だけが水面から浮いておりますが、これは、すべて除草剤のお陰でございましょう。

私がお手伝いをしている田圃は、何年も除草剤を使用していないので、ちょいと雑草取りをサボりますと、水田一面すべて翠の絨毯になってしまうのです。

写真は、足跡がついているのが、僕らが入って雑草取りをした跡。

これで、雑草取りは2巡目になります。

盛夏になるとともに、雑草の生育も爆発的に進むので、きっと雑草取りが追いつかなくなるのは必至ですが、まあ、やれることだけをやってよしとしましょうか。

ホント、雑草取りを、ギンギン太陽の下、2時間もやると、嫌になってしまいます。

長く続く作業でもあるので、根気が潰えた時、田圃作業は苦痛となってしまいます。

というわけで、毎朝、妻と、パン作りの日は、30分。そうでない日は、1時間だけにしております。

早朝は、爽やかな風に吹かれて、汗もそれほどかきませんし、尻尾のまだ生えているカエルのユーモラスな姿をを観察しながら短時間で済ませてしまえば、この作業も楽しくないとはいえないのですよ。

ギザギザの刃の付いた鎌を私は愛用していますが、小刻みにザクザクと引くようにして根から雑草を断つその感触は快感と言ってもいいくらいです。

ああ、今年は、大量の米ができたらいいなあと思うと同時に、収穫した後の田圃に麦を植えることは出来るかしらん?と調べてみるつもり。

自家製の小麦でパンが焼けたらこれまた最高ですもんね。

とにかく、こんな生活がいつまでも続けばいいなと思います。マジで。

posted by ロビオ at 02:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする