2017年06月26日

沈黙−サイレンス−

マーチン・スコセッシ監督の『沈黙ーサイレンスー』を飯田橋ギンレイホールで観てきた。

冒頭、真っ暗の画面に、川の流れや蝉の声が鳴り響いて、突然に音がなくなります。そして、Silenceという映画の題名が・・・。

日本人なら、芭蕉の名句

閑さや岩にしみ入る蝉の声 芭蕉

というのを思い起こさせる仕掛けであると思った。

ちなみに、この芭蕉の名句の英語訳を調べてみると、

Deep silence, the shrill of cicadas, seeps into rocks

となっている。

ほう、そうくるか!と冒頭から感心しましたが。

遠藤周作原作の『沈黙』というタイトルは、「神の沈黙」ではなく、「神は沈黙しているのではない、語っている」という「沈黙の声」の意味を込めたの「沈黙」だったとエッセイで語っているそうである(『沈黙』の同年に連載された『満潮の時刻』の文庫本の解説より)。

キリシタンの村人たちを救うために司祭が踏絵に足をおいた時、神は語りかける。

踏むがいい。お前の足の痛さをこの私が一番良く知っている、踏むがいい。私はお前たちに踏まれるため、この世に生まれ、お前たちの痛さを分かつために十字架を背負ったのだ。

その時、司祭に何が起こったのかと言えば、

その時彼は踏絵に血と埃とで汚れた足をおろした。五本の足指は愛するものの顔の真上を覆った。この激しい悦びと感情とをキチジローに説明することはできなかった。

と、原作には書いてある。

逆説的にだが、踏絵を踏むという教会から見たら棄教とみなされる行為を行うことによって、神の本質を掴んだことになるのだろうか。

聖職者として教会から破門されている主人公は、キチジローに告解の秘蹟をおこなう。

聖職者たちはこの冒涜の行為を激しく責めるだろうが、自分は彼らを裏切ってもあの人を裏切ってはいない。今までとはもっと違った形であの人を愛している。

と確信犯的でさえある。

映画では、キチジローの裏切りにより、官に捕まる前に、川面に映る自分の顔がキリストに見えたり、上記の「踏むがいい・・」のナレーションが入る。

決して神は「沈黙」しているわけではない。

となると、ますます、この棄教した司祭は、神を愛しているはずなのに、何度でも、踏絵を踏み、自分がキリスト教徒ではないことを証明し、かつ、幕府のためにキリスト教関連の禁制品をチェックするための仕事に従事していたりする。

このあたり、神を愛していさえすれば、形式的なものなの無視してかまわないという信念に基づいているのだろうと思うのだけれど、神が常に自分とともにあるという確信があるからこそなのであろう。

「閑さや岩にしみ入る蝉の声」

芭蕉は、やかましく鳴く蝉しぐれのその彼方に、永遠に繋がる静かさを聞いたのだと思う。

沈黙の音は、誰でも聞くことの出来る音ではなく、耳を澄ますもののみに聞こえてくるものなのだ。それは、私達の心の奥底に潜んでいる。

posted by ロビオ at 12:12| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする