2017年06月09日

村上春樹訳の『フラニーとズーイ』

サリンジャーの村上春樹訳の『フラニーとズーイ』を読んでみた(野崎孝訳は『フラニーとゾーイ』)

そしたら、シャンカラ、ラーマクリシュナやら、バガヴァッド・ギーターとか印度哲学のスター選手、聖典の名が現れてきて、こういう小説だったんだと、思いを新たにした次第でありました。

高校時代に、『ライ麦畑でつかまえて』に感動して、次に読んだのがこの本だったはず。少なくとも、印度哲学の基礎がわからないと、内容を把捉することが難しいような気がするので、10代でこれを読んだときには、この内容について何もわからなかっただろうと、今になって思う。退屈して、全部読み終えなかったような気もする。

この本は、フラニーとズーイという二つの中編が合わさった長編小説ではあるのだが、この中で、ズーイの部分がやや難解で、それは、このグラス家の思想の拠り所が、通常人とはかなり違っており、この違った地平から放たれる言葉であるからだと推察する。

とはいうものの、魅力的なグラース家の兄弟の登場がなにやら嬉しくなってしまう。

『ナイン・ストーリーズ』というサリンジャーの短編集の中で、『バナナフィッシュにうってつけの日』でこみかみを撃ち抜いて自殺した長兄シーモアは、ここでも、大きな役割を果たしている。『コネティカットのひょこひょこおじさん』には双子の兄弟。『バディ』っていうのがあったっけ、それは、次兄バディの幼少期の話。グラース家の面々がこの短編でも活躍中。その他、『シーモア序章』とか『ハプワース16,1924』という作品でも、グラース家の記録が永遠保管されている。

なんだか、さっぱり的を得ない感じで、『ライ麦』以外を読み飛ばしたが、イン哲を学んだ後だと、また違った趣が出て、今月は、サリンジャー全部読んでしまおうと思う。

この『フラニーとゾーイ』の中で、印度哲学の学習者にとっては、あっ、これは、バガヴァット・ギーターの「カルマ・ヨーガ」のことだよね!、これって、平等のヨーガだよね、とか、インド哲学を齧っている人には、一見謎めいたゾーイの言葉の深い意味がわかったりするので楽しい。

サリンジャーは、東洋思想に傾倒していったらしいけれど、その中で、印度哲学のアイデアを、グラース家の面々に当てはめて、小説というファンタジーの世界を作り上げたと言っていいのではないか。僕も時々、印度哲学のことを夢想すると、あんなこともこんなことも、みんなつながっているんだよね、と、不思議に心が高揚することがある。

印度哲学が説く真実というものは、我々が真実だと思っていることの正反対であって、こうしたことを話しても、その意味内容は普通は通じないわけで、周りを見れば、人生の真実に気づいていない俗物ばっかと、グレてしまうフラニーの気持ちは少しは分かる。

例によって線を引きながら本を読んでいたら、至る所に線が引かれているので、この本は、現在の自分にとって、かなり重要な小説なのだなと思う。

最後の大団円に向かって、ゾーイとフラニーが突き進む最後の数ページは手に汗握る感じがある。

自殺したシーモアの残した「太ったオバサンのために靴を磨く事」って、深く考えると、バクティ・ヨーガっていう感じがしないでもない。結局、太ったオバサンというのはキリストだったり、クリシュナだったりする。一見無意味なことかもしれないが、こうした小さな自意識を超えたサクリファイスが、究極のところ彼岸に至る道なのかも。

こんな難しい会話をしているのに、最後は、パシッと話を決めてしまうところが、うまいなあ、読ませてしまうなあと感嘆したのでありました。

何十年前か読んだときは縁がなかったが、時を経て、僕にとっては大切な小説になった。
posted by ロビオ at 14:26| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする