2017年05月24日

薔薇の季節に菜食再開

IMG_20170523_072721

季節は一巡して庭に薔薇の花が咲き一年で一番良い季節となった・・・というか少々暑いですが。

昨年から始めた田の作業で得られた藁を冬の間に土の上に被せておいたのが功を奏したと妻が言っておりますが、例年花の蕾はできるが全開しなかった芍薬の大きな花も見事に咲き、つっかえていたものが取り除かれたようなすっきりとした気分を味わっております。

わが家の肥料は、この藁と糠と松からつくった酵母だけですが、健やかに成長してくれてます。妻がすべてやっておるのですが。我が家の草花は究極のベジタリアンです。

そんなことを考えていたら、私の体の調子が多少悪くなったのは、肉を食べ始めてからなのではないかと、ふと、気がつきまして、今週からほぼ菜食の世界に戻って参りました。

とにかく、足の裏の痛みが引かない、治らない。

モートン病というのに一番近い症状ですが(走り出せば普通に山道を走れるくらい症状は軽い)、足の第2指と第3指とその付け根の部分が痛い。左右同様に同じ箇所が痛むのです。

こんな風に治療法を考えました。

運動やヨーガで体を若返らせて、10年前の体に戻してしまえば治るのではないかと。

また、ヨーガの修行でも、アヒンサー(不殺生)というのがありまして、生き物を殺すことは、修行の妨げとなるとヨーガスートラに書いてあります。たしかに、人は、生き物を殺さなければ自分の生命を維持することのできない悲しい存在ではあります。宮沢賢治にもそんな小説がありましたね。菜食とて、植物を殺すに違いないが、なるべく意識の眠っている植物などを少量いただいて、体の調子を見ていきたいと思っております。

私の敬愛するあのウッドストック・フェスティバルで演説したスワミ・サッチダーナンダ師も本の中で「捕まえようとして逃げるものを食べるのはよしなさい」、と書いております。

夫婦で、家族で、玄米菜食をするのは、他の家族員の理解と協力がないとなかなかできませんが、菜食はいいですよ。

最近では、知り合いの農家さんの方々から、新鮮で安心な野菜を宅配していただいており、かてて加えて、今年から本格的に田で稲作を行いますので、ほぼ自給自足的な生活ができるわけですよ。

物々交換的に余ったものを融通し合いながら生活の基とすることができれば、楽しいでしょう。

これは、3.11以降、私が目指した方向で、知らぬ間に夫婦で努力していたら、こんな風になっていきました。

この世界を変えようなんて気はすっかり無くなりました。世界を変えることはできません。それは、二次的なものに過ぎません。

自分が変われば、世界は簡単に変わっていきます。

そういうことを学びました。

エネルギーの自給は、まだまだ先のことかもしれませんが、努力を怠らず、情報を集めていけば、きっと、それも可能になっていくのではないかと思っております。

私が一番運動量が多く、故障もなかったのは、やはり、玄米菜食をしていた頃かなあと思います。

そうそう、それで、菜食が多いインド料理に凝りはじめ、ヨーガに気づき、インド哲学を学んでいるという自然な流れがあったのかもしれません。

posted by ロビオ at 09:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。