2017年04月30日

ルビッチ・タッチ

シネマヴェーラ渋谷で開催中のエルンスト・ルビッチ特集、本日は、『ウインダミア夫人の扇』と『生きるべきか死ぬべきか』の二本を堪能。
前者は、1920年代のサイレント映画、後者は、ルビッチ監督の代表作として知られている作品、クラーク・ゲーブルの最愛の妻で、飛行機事故で亡くなった主役のキャロル・ロンバードの遺作。
サイレント映画を見る機会は少ないけれども、いいんだね、これが。
広い部屋の中をロングショットで撮って、二人が部屋の中でそれぞれの考え事をしながら動き回るシーンがあるのだけれど、画面の重量のバランスが常に釣り合っており、まるで、シーソーの上で、水平が保たれるように人を動かしてみせる。
言葉がない方が、画面に集中できるし、顔の表情やら、モンタージュ手法で、何を意味するかがはっきりと分かるから、疲れずに映画を眺めていられる。そういう技術が積み重なって完成の域に達したときにトーキー時代に突入してしまったんだね。
そして、この『ウインダミア夫人の扇』というのも、勘違いから巻き起こるややこしい筋ではあるのだけれど、これをほぼ、セリフ無しで成立させてしまうすごい技を堪能する作品でした。
『生きるべきか死ぬべきか』は、劇団員の監督の役者さんが、小津安二郎作品の常連の中村伸郎にそっくりでビックリ。そういえば、小津安二郎もルビッチ監督の影響を受けたわけで、ポーランドのヒットラー政権下のナチス・ドイツという場面で、これだけ洗練された、人間性の美醜を極力描かずに、エンターテインメント映画にしつらえてしまうその技が、まさん、ルビッチ・タッチといわれる所以なんでしょうね。
とにかく、劇場がクスクス笑いと爆笑で盛り上がっておりましたよ。
う〜ん、やっぱり、名監督の映画は素晴らしい!というわけで、この映画館に足繁く通うことになりそうです。


posted by ロビオ at 18:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。