2016年04月14日

The Maffetone Method

ついにThe Maffetone Methodという博士の本を買って辞書を引き引き楽しく読んでいます。
こんな素晴らしい本が翻訳もされていないなんて!
3.11の大地震のあった時以降のフィットネスに関する失われた5年間。
あの日に変わらなかった人はいないと思うけれど、生活の立て直しと意識革命をするのに一所懸命で、なかなかトレーニングまで頭が回らなかったこともある。
けれど、やはり、奢りというものがあったと思う。
マフェトン心拍域でトレーニングしていた頃、毎月500キロは走っていたし、自転車は、1000キロの走行距離を超えていた。
これだけ、運動できたということは、トレーニングが楽しかったからで、そのまま続けていれば今頃は・・・。
これだけの運動量をこなすには、今自分のやっているような気まぐれなトレーニング方法では絶対に無理。
私は、トレランレースとか、自然をダシにお金を儲ける団体の主催するレースは大嫌いで、自然の素晴らしさを語るにせよ、自分では野草や樹木や鳥の名前も一つもわからないし、知ろうという努力も興味もないトレイルランナーが嫌いだから、レースには出ないので、走るモチベーションは、ただひたすら、純粋に走ることが楽しかったからなわけですよ。
それなのに、迷いが出て、藤原裕司選手も最近はマフェトン理論放棄しているみたいだし、もっと、追い込むような練習をすれば、速くなれるかもよ。
あるいは、スコット・ジュレクの本の中にインターバルトレーニングの有効性について書いてあるよ・・・。
などなど、徐々に、マフェトン理論から外れて、それを忘れてしまって、うんと頑張って、長いこと休憩するようなことが続き、結局は、どんどん走る時間が短くなっていき、そのうち、体の故障も長引いて・・・とよくあるその辺の普通のおじさんになってしまった。
ごく最近でも、徐々に、運動することが嫌になっていて、足の痛みを理由に、朝に家をでるまでの走らない言い訳を作るのに汲々としている体たらく。
職業的運動人ではないのに、レースで好成績あげたいとかという誤った動機があったり、ついついその道の権威ある人の言うことに耳を傾けたり、ついついしてしまうのだけれど、自分を信じて、継続していくのが、よろしいのかと。
だいたい僕は、運動バカが大嫌いで、中学高校大学とそういう人とはお付き合いしないようにしてきた。
それで、自分がそんな運動バカになってしまうとは、ミイラ取りがミイラになってしまったわけね。
賢くやろう!楽しくやろう!ゼイハア追い込まなければ出来ないようなスポーツはその道の人に任せて、ヘルスとフィットネスを両立できるようなことをしよう。
そうだから、走るのがつまらなくなっていくのは、トレーニングの方法が間違っていたからだったんだね。
マフェトン心拍域で走るようになって以来、トレーニングするのが楽しくてしょうがない。
走って着地するたびに言葉が体いっぱいに満ち満ちてきて、色々なアイデアが浮かんでは消え、体の隅々まで意識を通す余裕もあるし、目に映る草花も圧倒的に増えてきた。
エアロビック領域でのトレーニングは、実に楽しい。
マフェトンの本の中で、エアロビックの領域でトレーニングができているか否かの判定の基準として、トレーニングが楽しいこと、というのを挙げていますよ。
楽しいから、どんどんトレーニングが進む。
仕事も集中力が増すし、基礎体力がついてくる。
好きこそものの上手なれと古人も申しておる。
これを続けていると、知らない間に、自分が誰も到達していないような高みにいることにある日突然気がつくようになる。
皆と一緒にマフェトン心拍域で走って楽しくおしゃべりしていたのに、ふと会話が途切れて後ろを見てみると、はるか後ろにいる友人を見つけたり。
体を壊した時、すぐにものに頼りたくなるものですが、例えば、裸足系の靴がいいとか、高性能のクッションが入った靴がいいとか、云々。
けれど、一番大切なのは、トレーニングの質を変えることですね。
エアロビックスの効果が体を整え、ココロを豊かにしてくれます。
そう、ホリスティックに体を整えてくれる。
というわけで、足の調子は悪いのですが、痛みも軽減しているような気もするので、ガンガン走りますよ。
まずは、5年前の体に作り変えないといけません。そう遠くない日に訪れそうだけれど。

posted by ロビオ at 11:15| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。