2016年03月25日

自転車でも骨盤は前傾で

なかなか自転車に乗る機会に恵まれないのは、朝の寒さと仕事と雑事が入り組んでいるから。

それでも、タイヤは、パナレーサーのグラベル700✕25というのを調達し、ロードのペダルもSPDにしてしまえば、靴1足で済んでしまうので、ロード用なのにSPDが使えて、ちょいと格好のいいシマノPD A600というのに替えるてしまおうかなどと考えている。

なんだかロードの世界では、理屈にならない理屈がまかり通っていて、例えば、DE ROSAというバイクがあるけれど、このコンポーネントはカンパーニョロじゃなきゃ駄目だとか、コルナゴならシマノでいいよとか、プロチームの真似なんでしょうか、意味がわからない事が多く、既存の概念を打ち破るようなものに対して激しく拒否反応を示す者が多いようだ。

カーブを曲がるときに、外側の足ピーンと張って曲がるというけれど、MTBで曲がるときそんなことやったら、ズルリと滑るし、状況を見て、抜重したりしているのに、なぜか、ロードでは、これが推奨されている。なんで?と常々思っていたわけですよ。

堂城賢(たかぎまさると読む)という人の『自転車の教科書』というのを読むのは2度めだが、その内容を一見ユニークだが、理にかなっている自転車の乗り方全般に関して目から鱗が落ちる思いをして体得できる本なのだ。

この人の話がよく分かるのは、マウンテンバイクを楽しんでいる人ならよりわかるだろうし、ランニングの愛好家なら、それよりずっとよくわかるはず。

著者の堂城賢氏は、マウンテンバイクの選手であったそうだから、自転車に関する視点がロードバイクの常識を常識で終わらせないところが頼もしいところ。

この本を読んで、この著者の勧める乗り方は、信頼できるとおもうのは、そういうところにもある。

この本の中で言いたいことを端的に言えば、イチローが守備隊形をしている際の姿勢、あれが自転車の乗っている時にでもできれば、それが理想なのだ、という簡単だが、なかなか難しいことを言っている。

体重は両足の拇指球にかかり、骨盤を股関節前傾させて背中は丸めないで真っ直ぐな状態に保つ。あの格好のまんま自転車にまたがり、漕げば良い。以上。。。。。

たったこれだけ。これが出来る姿勢が、理想的なポジションニングになるであろうし、省エネ的にペダリングが出来る姿勢でもある。

自転車もランニングも同じで、骨盤を後傾させながらのランニングは背中が曲がったへっぴり腰で、やってはいけないこととされている。重心は、前に前に送り出すことによって、楽に走れるという常識がある。

それなのに、自転車では、骨盤を前傾させるのではなく立てて、背中を丸めるやり方が励行された時代が長いことあった。

これは、やはり間違いでしょう。

スポーツの姿勢は、背筋をのばすこと。すべてが、ここに尽きるのではないか?

剣道、柔道、合気道はもとより、ランニング、スキー、ボクシング、卓球、テニス、背中を丸めてやるスポーツってないよね。

姿勢が悪ければ、腰を痛めるだろうし、見た目も悪い。なのに、自転車では、背中を丸めて骨盤を立てろというのは、筋の違う話ではないだろうかね?

というわけで、だらんと背中を丸めて、骨盤が立てばまだいいけれど、骨盤が後傾したりして、ダメダメな姿勢で自転車に乗っていたのね、私。反省。これじゃ、自転車が前に進まないわけさ。

それだから、今回は、この『自転車の教科書』をよく理解して、勉強したいと思っている。ランニングと自転車を同じように捉えて、相互の理解に役立つようにしたいと思っている。

その為には、この硬い体を本当になんとかしなくっちゃ。

自転車に乗るより前に、これが先決。知らぬ知らぬ間に楽な姿勢を人は取るので、そのあたりで筋肉や腱が固まっちゃうんだろうな。

posted by ロビオ at 09:57| Comment(0) | 自転車(ロード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。