2016年02月18日

ショコラ

084c2bdd-46b2-425e-9dc8-5e4650219360

フランスから届いたカズナーブルというチョコレート。

いかにもフランス的なのは、そのパッケージの色使い。

赤色裸電球の下で撮影したから、色がくどくなっているけれど、実にあっさりとした爽やかな色なのだ。

映画の『アメリ』的な色彩と言おうか。

10種類の味が楽しめるのだけれど、基本は、70%カカオ成分のほろ苦い味がベースとなって、そこに自然の香料が混じってる。カカオ成分100%なんているものもある。

銀紙に包まれたチョコレートを取り出すと、いかにも手作りで型に入れましたといった風情の磨かれた褐色のチョコレート板が現れる。

昨晩、食後に二かけら食べたのが黄色のもので、黒シナモン味だという。

微かにシナモンの香りがする。

高級なチョコレートで、1枚の値段で明治チョコレートが20枚買うことが出来る。

このクラスのチョコレートは、少し食べただけで、満足できる味わいがあるから、普通のチョコの20倍の時間をかけて食べればいいのだ。

だから、家では、二かけらほどを、食後のデザートとしてコーヒーと一緒に食べる予定である。

最近、代々木上原を散歩していたら、新しく出来たチョコレート屋があった。

高級チョコレートが小さな店の中に置いてある。どれも、高級で、今日することのテーマの一つとしてチョコレートを食べることが優先順位の上位にあるという時か、チョコ好きでこれらのチョコの価値がわかる友人知人に贈り物をするという場合でないとなかなか買う気にはならない。

ところで、チョコレートの原料であるカカオの産地は、赤道のベルト地帯のアフリカ、東南アジア、南米である。コーヒーの産地と似ているのかもしれない。

カカオの味も、コーヒーと同様、苦味をベースとして、酸味、甘みというものが強くその味に彩りを加えている。

コーヒーとカカオはとても似ている。

コーヒー好きは、きっと、チョコレートが気に入るはずだ。

コーヒー好きの日本人には、きっと、ショコラも同様、高級チョコレートに関して潜在的な需要があるはずだ。

口の中に少量のチョコレートを入れて、体温で溶けていくチョコの複雑な味を感じ取り、記憶にとどめておくということが、これからの「チョコレート人生」の楽しみを深めてくれるだろう。

posted by ロビオ at 09:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。