2015年05月30日

久しぶりのグリーンライン

Panasonicのクロモリのフレームを注文してから、2度3度、自転車に乗ったけれども、50キロ以内のほぼ平地しか走っておらず、屋内においたままの自転車は、沈黙を守ったまま2年数ヶ月が経ってしまっていた。

シマノの相当前のデュラエースのコンポと、これまた同じのホイール。ハンドル・ステム・シートピラーは、日東というわけで、ほぼ、タイヤ(ミシュラン)を除いたら、純国産バイクというわけ。

イタリアンだのフレンチだのアメリカンだの言っている輩は、自分の面をみてから言えって。縄文顔の俺は、国産が相応しい。本当のパトリオティズムっていうは、こういうことを言うんだぜ。

しかし、乗らなきゃ、愛国心の発動も、体力の増強も、運転技術の向上も図れない。

使いきるまで乗りこなしたい。このバイクフレームに費やした12万円を回収するのに、どれだけ汗をかけばいいのか?

私のこのバイクは、これで最後のものだ。もうロードバイクは買わない。これ以上のフレームは世の中に存在しないと思う。あとは、どれを乗っても同じじゃないかしら。

自転車というのは、こういうもの、という感想を、あるいは、実感を各自もっているだろうが、私の場合は、このクロモリのまっとうな工場で手作業で作られたフレームというのがそれに当たるのだから。

それ以前に、自転車用の体を造らないといけない。

そうすることによって、初めて、自転車の性能を引き出してやることができるようになるわけだから。

この自転車のフレームが体にしっかりとした頃、私はきっと、もう一度、あの坂道をグイグイと登っていく気持ちのいい加速感を得ることが出来るであろう。

その為には、乗らなくっちゃ。

日差しを避けて、ペダリングを色々と考えながら走るには、グリーンラインが最適でしょう!ということで、林道清流線の入り口まで走ってみたら、鎖と鍵でゲート封鎖。

かつては、その横は、自転車1台通れるくらいの隙間があったのだが、そこも、鎖で封鎖して、誰も入ってはならぬ!との強い意思を感じたので、宿谷の滝の坂道で、GLに乗っかった。

坂道を、よっちよっちと登っていく。

トレック・マドンというカーボンフレームとクロモリフレームに換えたのだから、当然1,2キロ、いやもっとかな、車重量は重くなっているのに、あんまり重さは感じない。2年前より体重は2キロほど痩せているだろうから、相殺しているのか?

よっちよっちと登って行って、やはり、足りないのが、スピード。

踏み込むペダリングになりそうな斜度のキツイところも、回すようにして、足を休めてあげる。うん、こうやって、ペダリングってするんだよな、と思い出しながら、進むんだけれど、毎日のように乗っていた頃とは、ギアが2枚は軽いギアを踏んでいる・・・というか、ほぼ、ファイナルローで固定という体たらくっぷり。

筋肉量はさして変わっていないはずなのに、パワーが出ないということは、無駄なペダリングをしているわけだね。力がどこかに逃げていってしまったいる。

10%でも、20%でも、効率よく無駄な力を入れずにペダリング出来れば、それだけの強度が増したことになるわけで、要するに、筋力の問題ではなく、技術の問題なのだ。

ざ〜っと、ペダリングっていうのは、どうするのかを頭の中で整理して

時計にして、1時から4時位までが力を加えていい箇所で、全般はおしりの筋肉、3時位からは足の筋肉と足の重さを加味して踏んで、すぐに抜重して、8時から11時位まで腸腰筋を使って、かつ、足首をたたみながら、効果的に引き足を使って、11時から1時位まで、引っかからないようにお尻のあたりの筋肉をつかって、上死点を超える。

こんなイメージだったっけ?

それに、ジョギングで練習している骨盤の上下を加えて、肩甲骨と骨盤を連動させ・・・と、まあ忙しく頭の中では、色々と考えながら坂道をひたすら登った。

自分の足の重みと骨盤の上下による加重が合わさって、上手にペダリングができるようになるときが、たまにあって、そんな時は、ギアを1,2枚トップ方面に入れられるのだけれど、これが、長続きしないのは、だんだんと頭の中のイメージと体の動きがずれていってしまうからだろう。

それでも、アンカーな若者、デ・ローザ・キングなオジサンを、この鉄の塊のフレームでスッと抜いていったんだから、案外、速かったのかも。

GLを下って、大好きな白石峠でも登ろうかと思ったが、2時には家に戻らないといけないので、微妙な時間だ。

というわけで、正丸峠方面に下りて、山伏峠を下って、飯能に帰ろう。

下りは、路面が濡れていて、とてもスピードが出せるような感じではないので、刈場坂峠からの下りは、慎重に降りて、少々疲れを感じた正丸峠の登りは飽きてきて、最後の下りのデザートは、山伏峠。

下りのポイントは、視線を点でとらえて、進む方向に点として移動させていくこと。

ダラっと行く先を目でなぞっていくと、スピードについていけなくなって、ブレーキを掛けて減速傾向になる。

かといって、その原則が安全かというと、全然そうではなく、安全のマージンが取れなくてした減速だから、これでは、進歩はおぼつかない。

目をパッパッと切り替えて、先へ先へと動かしていく。

トラックが前からやってくるのだが、前は、それだけで減速したろうが、よく見えているから、やや減速して後続車がないかどうか等安全を確認したら、ブレーキから手を離してすり抜けて越えていく。

ひらひらとリーンウィズで、左に右に重力を感じながら曲がる感覚は最高だ。

ただし、首が痛くなる。。。これさえなければ、本当に楽しいのだが。

というわけで、久しぶりのグリーンラインは楽しかったなあ。

商店街のガラスのドアに映る自分の自転車をみると、やっぱりクロモリのフレームはカッコイイよ。

クロモリという素材での最終的な到達点までいった完成形の姿がそのまま封印されて今でも売りに出ているわけだから、これが、悪かろうはずはない。

家に帰って、カーボンバイクではそんなことしなかったけれど、きちんとホコリを払って、シリコン液でピカピカにフレームを綺麗にしたのだった。

posted by ロビオ at 05:07| Comment(0) | 自転車(ロード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。