2009年10月04日

シクロ・トリプル化完成

土曜日の夜に、ゲイリー・フィッシャーのシクロ「Presideo」をサイクルハウス三上へもっていって作業して貰ったら、BBのねじ山が上手く合わなくて、トリプル化作戦のための作業は、明日に持ち越し。そんな時に、N@mikiさんより、秩父方面のツーリングのお誘いを受けて、朝7時集合場所で待っていたら、誰も来ない。

Iさんに電話したら、体調悪くしたみたい。ひょっとしたら、昨日ボクと同じあの水飲んだかな?

程なく、Nさん、やって来て、午後から都合ができたそうで、宿谷の滝からグリーンラインというコースで二人ツーリング(トレーニング)。小雨で路面もつるつるなので、下りも慎重に。

たいてい、二人で横に並んで、だべりならの速からず遅からずの走行だったけれど、一人で走るときよりは、10%くらいは速くて、心拍も、5から10高め。いいトレーニングになりました。

そうそう、昨日の高ケイデンストレーニングで、軽い筋肉痛ですわ。お尻からハムストリングスから太股まで。

ほとんど休憩無しで、刈場坂峠降りて、正丸峠登って下りてしばらくして、Nさんの後輪からプシュ〜っという音が。パンク。ザラザラの路面を走ったときに、細い針でも踏んだのか?

ところが、その後の、原市場へ向かう橋の継ぎ目で、2度目のパンク。先頭を走っていたボクも気づかず、前輪と後輪が段差を乗り越える音、ドンドンとボクの両輪は超えたのだけれど、次の直後、Nさんの自転車がドンドンと継ぎ目を乗り越えた時、正確に言うと、ドン(前輪が乗り越えた音)プシュ〜、という音でパンクとわかったのだった。リム打ち。

あれま、Nさんのパンクは聞いたことがなかったけれど、2度もパンクするとは。が、相当後輪のタイヤは、薄っぺらになっていたし、タイヤ自体が柔になっていたのかも。

そんなわけで、今日のトレーニング終了。

夜、Presideoシクロのトリプル化完成。大昔というか二昔前のデュラエースのトリプルをシクロに導入したのだった。ボクが最初にレモンというバイクに付けていたお下がりのクランクで、ボクの汗で大分クランクの柄の部分が部分部分におできのような腐食が現れている。折れないと良いのだけれど。それに、ほとんどDura-Aceというマークがこすり取られていて、高級感ゼロだ。

そして、スラムのコンポには、トリプルがないので、フロント部分だけWレバー仕様。フロントのデュアルコントロールレバーには、スラムのをそのまま使うので、変速装置が付いたままだ。

その新車のシクロに、古くさい、そして、半分腐りかけたデュラエースのトリプルが、一種異様な風体を醸し出していて、かてて加えて、Wレバーがついている、ちょっと変態的なバイクに仕上がったのだった。

しかし、シマノもせこい!Wレバーはフロントだけで良いのに、リア側とセットじゃないと売ってくれないのだ。7000円強。半分なら3500円で買えたのにさ。

というわけで、リア側のWレバーはそのまま残っているので、将来的には、リアもWレバーにしてしまおうかと思っているのだ。

そんなわけで、Wレバーの変速性能はどんなものかなと試してみたら、これが、音もなく変速するじゃないの。手前に90度以上引っ張るとアウター。90度でセンター。180度に寝かせるとインナー。勘だけれど、音もなくあっという間に、変速完了しているもんだから、本当に変速しているのか、下を見て確かめることしばし。

参りました。聞きしにまさる変速性能。後側の変速は、Wレバーだとちょっと小刻みな変速が面倒になりそうだけれど、前側はそんなに変速しないから、これで、必要十分な気がする。

そもそも、レースに出ないのなら、Wレバーで十分だという気もする。真剣に考えよう、完全Wレバー化を。

ようやく、トリプルクランク化作戦その1を終了して、Wレバー化作戦その1を完遂した。これで、この冬は、トレーニングに徹して、その先の作戦その2に進んで、里山用バイクにしていこうと思うのだ。

楽しみになってきた。

posted by ロビオ at 10:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トリプル完成おめでとう!
これで"中津川林道"の準備が整ったね。
僕もはやいとこ林道用自転車を調達しないとね。
Posted by たけきよ at 2009年10月06日 11:59
林道用自転車というからには、何でしょうね?
鉄フレームのMTBを再利用するのかしらん。
パスハンターみたいになるかも。
そういえば、ボクのクロマグも、リジッドフォークだし、もう少し細いタイヤを履けば、林道用の自転車になるモンね。
まあ、準備できたら、中津川林道行ってみる?
往復200キロ超ですよ。
近場まで行けば、15キロくらいの登りだけれど、それじゃあ、どうせならと言う気分になりますね。
そうなると、来年の春かしらん。
Posted by ロビオ at 2009年10月07日 10:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック