2009年04月06日

ロックなジャージでこの夏も楽しもうっと。

土日とMTBに乗って、やや食傷気味。

日曜日のマツモト尾根で、かすかな異変に気づいてみれば、前輪のクイックレリーズがブラブラとぶら下がっていたわい。オオコワ。死んでいたかも・・・。

前日に前輪外して車に積んだので、知らずのうちに、いい加減に締めていたのかもしれない。反省しきり。

ツーリング後、お借りしていた短めのステムを返して、従前のやや長めのトムソンのものに交換した。

が、サイクルハウス三上から家までの僅かな距離を乗っても、違和感ありあり。短めのステムを買うべきか。困った困った。

最近、体が敏感に反応して、1ミリの違いがわかるようになった。人間測定器状態である。やや神経質である。サドルにカミソリの歯程度の厚みが乗っかっていても、違和感を感じるだろうサ(嘘)。

本当は、こういう事は、鈍感な方が好ましいのだが、しょうがない。新たな神経伝達経路が、微細な筋肉が育って、違和感を打ち消すまで慣れましょう。慣れなかったら、潔く交換だ。

本当に、自転車のポジションというのは難しい。気になり出すと、とことん追求するタイプなので、この程度でイイヤと見切りをつけているのだが、体が拒否反応を起こすので、そうとも言っていられない。

妻に1万円のお小遣いをいただいたので、有り難く自転車用のジャージを購入。最近では、1000円以上の買い物が、清水の舞台から3回転半捻り宙返りするくらいに閾が高くなっているので、この1万円の出費は、それこそ、破格の買い物だ!その前には、8000円のMP3プレイヤー買ってしまったし、それだけで、ヘトヘト。神経がすり減るのである。

500円玉貯金も、スロット部から細く千切った紙切れを入れて、500円玉の海に浸かるまで、そろそろ降ろしていったら、まだ4分の1くらいしか貯まっていなかったぞ。満タンで30万円と書いてある缶詰状貯金箱なので、30万円×4分の1で、とほほの金7万5000円也。持ち上げて振っただけではわからない正確な量。これを満杯にする地道な努力が俺にはできるのか?その前に、缶切りで開封してしまいそうだぜ。

そうそうジャージだが、ACDCの奴。Doorsの奴。Grateful Deadの奴。俺の脳内では、60年代70年代そのまま引きずっているみたい。3着で1万強。これでこの夏は準備万端である。

今年はやりの水着を手にした女子高校生のように、胸ときめくものである。「今年はやり」では決してない変態ジャージではあるが。安いこの手のジャージは、1年というか、一夏で色あせるので、毎年買い換えようかなと思っている。

今手元にある「原始心母」ジャージは、色が焼けて薄くなり、なにやらの模様のようになりつつある。「狂気」ジャージは、黒くて、蜂がコワイので、着ていないが、初夏はこれで勝負を賭けよう。

ふざけた格好のへなちょこライダーの俺にグリーンラインで抜かされるな。恥ずかしいぞ。

今年は、これでロードに乗るのだ。このあたりじゃ、だあれも着ないだろうな。着るのに、勇気が要るぜ。通り過ぎていくローディの目がジャージに移るのがわかると、頬がポッポとするぜ。

俺は、勇敢だ!!!

いいだろう!と妻に見せたら、引いていた。

ロードに乗りたくなってきたぜ。むずむずするぜ。

ロックのリズムでペダリングじゃ。変拍子は止めてくれ。ワンパターンのスリーコードのラモーンズ当たりのリズムがいい。

今週末は、八丁峠だ!

が、パンクと頂上のトンネルがコワイので、グリーンラインか。

いずれにせよ、暖かくなってくると、ロードで苦しみたくなってくる。

良い傾向だ!

posted by ロビオ at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック