2017年05月19日

ヨーガ教室に参加

腸が煮えくりかえるような思いを3.11以降何度か経験したが、今日もそんな幾日かの一日。

日本は確実に滅びつつある。そんなに時間はかからないと思われる。

さて、どうするかと考えるのだけれど、環境がどうであれ、それに動じない自分を鍛え上げようと考えて、それにもっとも良い方策はヨーガであるとの結論はずいぶん前に出しているので、久しぶりにヨーガ教室に参加したのだった。

二ヶ月くらいお休みしていたのは、ヨーガのアーサナをやって右のお尻の腰骨の中の筋肉だか筋が痛くて痛くてとてもじゃないがヨガは続けられなくなってしまったのだった。鍼もやってもらったけれど、効き目なし。足の裏の痛みと同じ、治らないんじゃないのかと思ったけれど、自己治癒力というのはまだあったようで、徐々に痛みが鎮まった。

ヨーガ体操が気に入っているのは、一人でできること。

ただ、自分のやり方が間違っている場合もあるだろうし、先生に色々とヨーガについて聞くこともできるだろうと思って、当初は週に三回通おうと意気込んでいたが、現在、週に一回通うことにして、これで十分だと思っている。

ヨーガ教室も、パン教室も、インド哲学の勉強会も、大半は、女性で、私は、マイノリティー。

私が好む習い事は、同性の輩は興味がないようで。

ヨーガと言えば、アクロバティックな曲芸のような体操だと思っている人が多いが、それは、悟りのための準備であって、どっぷりと実は、宗教的な行為なのである。

そこが素晴らしい。

僕の通っているヨーガ教室は、宗教的なことはあまり全面に出していないのは、それはそれでいいんだけれど、ヨーガの体操だけで、インド哲学を学ばないのは、とても勿体ないと思うので、ヨーガ体操を習っている人は、是非ともインド哲学を学ぶといいですよ。

荒唐無稽に思えたことが、理にかなっているじゃないの、と学んでいく内に腑に落ちるはずですので。

posted by ロビオ at 08:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする