2016年08月03日

大江健三郎月間 大江健三郎月間

大江健三郎が素晴らしくて、ガンガン読み進められる予感。いままで感じていた共感を一気に冷めさせるような生理的に嫌な表現が突然出てきて、調子が狂うことが多いのだけれど。
これも、意図された表現なんだろう。
数10年前に大学の図書館で『同時代ゲーム』を最初の10ページ位で放り投げだした記憶もあるけれど、今なら、読了できるかしら?
『万延元年のフットボール』『個人的な体験』は、今まで読んできた小説の中でもとても感動した小説ではあったものの、他のすべての小説を読みきりたいとは思うまでには至らなかった。寓話的で、核時代の黙示録的なのが、どうも苦手で。ノーベル賞受賞作家というのも鬱陶しかったし。
同じような作家に安部公房がいて、『砂の女』は、何度読んだかわからないけれど、その他の小説にはあまり熱くなれない。古井由吉もそう。小島信夫もそう。
村上春樹、遠藤周作の主だった作品を一月二月かけて読んでみて、毎回同じことを同じように品を変え形を変えて物語っているわけで、その人の本を集中的に読むと、理解力は進むし、こちらの意識が広がるような気がするのは、読書の醍醐味の一つではあります。
50過ぎたら、広く浅くよりも、狭く深く井戸を掘って、水脈を探してみるほうがいいのかもね。そのための勘を今まで養ってきたのだから。さて、8月もバシバシ行きましょう。
町田康は、怖いもの見たさで、今日、文庫を1冊買ってみた。文学全集の宇治拾遺物語の訳が素晴らしかったので。

posted by ロビオ at 16:15| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

加齢による運動低下を如何にせん

家から名郷までの自転車のタイムトライアルは、5年前は、心拍数150でトレーニングしていたはずなのに、現在の130とあまり変わらなくなってきた。ペダリングが上手になってきたんでしょうか?やまめの先生の本に感謝です。が、5年前より、坂道を登るのにだいぶ手間取っている。心拍数130以上にはあげないから、楽ちんで登るのだが、そのスピードたるやかなり遅い。
スイスイと登れなくなっているのは、たしかに、自転車が2キロ位重くなっているのと、坂道の練習をあまりしていないからかもしれないが、ややトルクをかけてペダリングする際の筋力が落ちているような気がする。まあ、そいつに関する不足に関しては、追いかけず、力を抜く方向と、一瞬の筋力の使い方を練習して、筋力不足を補おうと思う。
時々、心拍数を150くらいまでじわじわ上げて、そして、そこまで上がったら、130以下に心拍数を下げるというインターバルも時々やっているが、かなりのスピードが出て、これは、5年前より、速くなっているかもしれない。
ケイデンスも160位に回しても、お尻が跳ねることは無くなったのは、心拍数130で、坂道をゆっくり登りながら、丁寧にペダリングの練習した成果だと思いたい。
加齢による運動低下を口実にズルズルと鍛えることを怠るという選択肢もあるけれども、やはり、ここも練習を通じて、楽しく体力の維持に努めようと思う。
加齢による運動力の低下は、体重を減らすことと、テクニックを磨くことでなんとかなりそうな気がする。
もちろん、瞬発力は、どんどんなくなっていくだろうが、しぶとくトルクをかけ続け、平均速を上げるのは可能なのでは?
トレイルランとロードバイクをクロスして体を鍛えたいのだけれど、まだまだ、トレイルランをすると、翌日、足の裏の痛みがひどくなるので、しばらくお預けだ。
ロードバイクでは、筋力を鍛えることはあまり期待できないので、トレイルランで補って、重畳効果で、どちらも上手にできるようになりたいものです。
というわけで、走って駄目なら、歩いてみよう。痛みも、収まるかも。だから、来週からは、ハイキングに努力を傾けよう。
まずは、飯能アルプスで、伊豆ヶ岳まで行けたらいいなと思います。
posted by ロビオ at 10:17| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする